【Q&A】調査対象者の警戒度が高い場合は、調査料金が高くなりますか?

  • 自分や友人と尾行や張り込みをして、強い警戒心を持つようになった。
  • 探っていたことが発覚されてしまった。
  • 探偵に依頼したことがバレた。

 

上記のような状況になってしまったけれども、探偵に調査を依頼したいとお考えのお客様もいらっしゃいます。

では、そのような状況の場合には、調査料金のお見積りに影響はあるのでしょうか?

 

警戒度が高い場合は調査費用に反映します

探偵の浮気調査や追跡調査は、調査対象者に察知されないように、常に注意を払いながら調査を進めるのが前提です。

対象者自身が監視されていると思っていないからこそ、素の行動を確認することができるので、結果的には成果につながります。

ですから警戒行動がみられていても、なお追い掛け回したところで何の成果を挙げられるものにはなりません。

ベテラン調査員になりますと、対象者の警戒行動を早く察知し対応します。

あまりにも警戒度が高い場合は、途中で追跡を解除することもあります。

また警戒の程度によっては調査車両や調査員を増員したり、調査期間を延ばしたりして慎重に調査を進めることもあります。

そうなると、結果的には調査料金に反映してしまうことになります。

 

「ベテラン調査員なら…」というものではありません

過剰に警戒度が強くなってしまっている場合には、ベテラン調査員でも対象者に調査をしていることが発覚されてしまうので、調査は中止することが多いです。

調査が発覚されると再調査もできなくなりますので、お客様にとってもマイナスにしかなりません。

すぐ調査をしてくれそうな複数の探偵社をまわるお客様もいらっしゃるとお聞きしますが、得策とは言えません。

余計に警戒心を強めることになりますのでご注意ください。

警戒度が高いと予想される場合は、対策を考えますので正直にお話し下さい。

通常では、お客様の事前情報から判断し、調査プランや料金のお見積りをいたします。

調査開始前の下見調査では、お客様からの事前情報の相違確認や、対象者の風貌や様子なども調査員は確認します。

お客様との事前情報と大きく異なるようであれば、お客様との再打ち合わせをお願いすることになります。

状況によっては、調査の中止や再見積もりになるかもしれません。

嘘をついたり騙したりして依頼をするのは、望ましいことではありません。

お客様と業者間で信頼関係を失えば、良い結果に進まなくなります。

もし、何らかの事情で警戒を持つようになってしまった場合や、警戒心が強いと予想される場合には、ご相談時に正直にお話し下さい。

目的やご要望にお応えするために、最適な方法を考えご提案をいたします。

 

 

あなたの目の行き届かない大切な人の行動を監視します。

外出日時を把握している
行先が知りたい
外出するか否か確認したい
デートの約束?誰と?
事実確認や短時間の調査をご希望の方におすすめの調査です。
 
>あなたのお悩みをお聞かせください。 解決方法や想定されることを一緒に考えてみませんか?

あなたのお悩みをお聞かせください。 解決方法や想定されることを一緒に考えてみませんか?

あまり身近で探偵に調査を依頼した人の話を聞いたことがないのであれば、不安なことばかりかも知れません。ご相談者様の約90%の方は、はじめてご相談される方です。何でもお気軽にご相談ください。

CTR IMG