浮気の証拠をつかみたい!でも浮気調査の費用は妥当なのか?

浮気調査を検討中のお客様からのご質問

お客様

夫が浮気をしています。浮気相手の女性は職場の同僚の女性です。

夫の財布からラブホテルのメンバーズカードをみつけました。

慰謝料を請求するために夫の浮気の証拠をおさえたくて、探偵に浮気調査を依頼しようか考え、何社かお見積りをお願いしてみましたところ、平均で調査員2名。1時間2万円と言われました。

高くないですか?これだと、証拠をつかむまでにいくらかかるのでしょうか?

浮気調査の費用のことを考えると不安です。

回答

探偵

あなたが証拠をおさえるまで何時間の調査が必要なのかわからないので、ご心配なのはよくわかります。

ですが…。

「時間課金制の料金プラン」は、探偵が稼働した時間分に料金が発生しますので料金が明確です。

しかし、どの位、探偵が稼働すれば必要な証拠をおさえることができるのかは、ケースバイケースなので調査を行ってみないと正直わかりません。

そこの業者さんのお見積り金額である1時間2万円の調査料金の単価が高いか否かは、その探偵社の調査方針や実施プランのお考えがあって設定したものですから、何とも言えません。

調査依頼の選択肢はお客様にありますので、よくお考えになって納得の上ご依頼された方が良いでしょう。

ですが、一般的な北海道エリアの料金相場としては妥当な範囲内の料金単価と判断します。

 

調査時間1時間稼働で1~2万円が妥当な範囲内の料金設定だと思う理由とは

現地確認

調査料金がお客様にわかりやすく1時間〇万円と表示しておりますと、1時間稼働するだけで〇万円もするのはおかしいと考えてしまうと思います。

しかし、その時間単価料金の中には、

本番の調査時間以外にも探偵が動いてかかる活動費

  1. 事前・下見調査の調査費
  2. それに対する移動時間や交通費
  3. 調査を終了した後の報告書作成の作業費
  4. 予備調査、撤収などの作業費

などの費用が調査料金に含まれているのです。

ですから調査が終わり、あなたのもとへ整理された報告書や写真が届くまでには、調査現場以外にも探偵が稼働したり事務作業していますので、当然ですがその人件費や実費などの料金も組み込まれているものです。

本番の調査できちんと調査を行い報告するには、事前の準備調査や報告書作成が必須なものですから、決して高額な料金設定ではないと考えます。

 

探偵目線では、逆に低価格過ぎる料金設定の方が心配。その理由とは

心配する女性

探偵事務所の自助努力で低価格設定にされていることもありますので全てダメだと思いません。

ですが調査を実施する探偵側に立てば、激安低価格で調査を実施するとなると、調査にかかるコストを下げるしかありません。

例えば、

調査コストを下げる調査方法例

  • 事前・下見調査などの準備作業は一切しない。本番一発勝負で対応
  • 激安報酬でも動いてくれるスキルの低い調査員を使う
  • 必要人数を減らし調査を行う

そうなると、お客様にとって望まない結果になることも想定されるでしょう。

望まない結果事例

  • 準備不足による凡ミスが発生したり、調査員のスキルが低いための失敗
  • 調査員の負担が大きく、対象者に発覚されるような調査を行ってしまう
  • 探偵業者側のミスであってもやり直し調査ができず、しっかりと請求される。
  • 探偵側からは、キャンペーン中で格安で受けているなどと言った言い訳をして、お客様とトラブルになる。

しっかりとした浮気の証拠収集を行うには、それなりの調査費用と調査期間や稼働時間は必要と考えましょう。

 

 

時間料金プランの特徴、メリットとデメリットとは

メリットとデメリット

時間料金プランのメリット

  • 状況に合わせて途中で調査をやめられる  
  • 短時間(1日数時間~)調査ができる
  • 料金が明確
  • 延長・追加調査は自由なので、延長・追加調査がなければ調査が終了となる

時間料金プランのデメリット

  • 調査を行う日時は通常お客様が指定する  
  • 事前に依頼された時間のみ調査を行う
  • 結果や成果に関係なく探偵が稼働した時間分の料金が発生する
  • 別途、実費(高速料金・ガソリン代)などが請求される
  • 調査の失敗のやり直し、返金などの補償はない

不貞事実の証拠収集を目的とする調査を検討中のお客様からの深堀り質問

カップル

たった数時間の調査で不貞の証拠は押さえることはできるの?

お客様よりこのようなご質問をいただくくことは多いのですが、パートナーの行動を完全に把握しタイミングが合えば、ラブホテルの滞在などの証拠を押さえることも可能かと思います。1回のラブホテルの滞在で相手と示談交渉した時に浮気を認め謝罪するのであれば、1回のラブホテルで良いかと思います。

ですが、パートナーや交際相手が簡単には認めずこじれたり、裁判になる可能性があるようであれば、継続的に性的な関係があると推測される証拠が必要です。

ですから、「二人が不倫の交際を続けている様子」を押さえたいので、複数回の性的接触があると推認されるような証拠のほか。ツーショットや交際相手の鮮明な風貌写真、交際相手の居住先なども判明したいところです。

ですから、延長調査や追加調査を前提で調査を依頼するか、成果報酬のようなプランがお得だと思います。

最低限の時間で決定的な証拠をつかんでほしい

「何とか短時間の調査で、あれもこれもと決定的な証拠をつかんで調査費用をかけたくない。」

とお考えになるお気持ちもわかります。

ですが実際に調査を行うと想定したような動きがあるばかりではありません。

浮気の事実確認のための調査や延長調査や追加調査が必要であることを前提で検討してみて下さい。

絶対に発覚されないように慎重に調査してほしいです。

もちろん発覚されないように慎重に調査することが前提ですが、一般的に1回だけの調査で終了する調査となれば、調査員も成果を挙げることに重点を置きますので少々強引に追跡する傾向になりがちです。

今後に交際の継続性を証明するための証拠固めが必要となれば、パートナーの警戒が強くなったり、調査現場が荒れると次回に調査を実施するのが困難になりますので、依頼する探偵には次回の調査を考えていることと、慎重に調査する旨を伝えておく方が良いでしょう。

もし、浮気調査の証拠収集ならパック料金プランや成功報酬プランのご検討をしてみてはいかがでしょうか?

知恵

探偵社の代表的な料金プランについてお話ししますと以下のものがあります。

  • 時間料金制プラン
  • パック料金プラン
  • 成功報酬プラン

それぞれのプランでは、特長があります。

浮気調査の証拠収集なら、パック料金プランや成功報酬プランでの調査をおすすめしています。

パック料金プランや成功報酬プランをお勧めする理由

お勧め

お客様のメリットとは

  • 定額料金で調査を依頼できる。次々と追加料金が発生するストレスがありません。
  • 探偵主導で調査を実施。パートナーの様子を伺い探偵の稼働する日時を決める責任やストレスもありません。
  • 基本的には、探偵主導の定額料金で成果をあげてくれる調査を行うものです。(依頼する探偵事務所に要確認)
  • 補足調査や追加調査も基本的に追加契約することなくできることも多い。

私たち調査員のメリットも…。

  • 対象者が動かないことがわかっていても時間消化のための調査や追加調査の営業をしなくてもよい。(お客様に不信感を持たれる原因)
  • 対象者の動向に合わせて目的に沿った調査ができる。(無駄な調査かカットできます)
  • 調査員として納得のできる調査ができる

成果とはどの程度の証拠のことでしょうか?

基本的には、裁判等で不貞を立証できる程度の証拠を基準としています。

例えば、ラブホテル滞在を2~3回とツーショットやデート等を含めた交際状況を押さえることを考えております。

しかし、全ての調査対象者がホテルを利用する交際をしているとは限りません。

そのようなケースでは、交際パターンを継続的に撮影記録し、より強い証拠を押さえます。

調査の進行状況は定期的にご報告いたしますので、もしご相談やご依頼されている弁護士がいらっしゃいましたら、ご指導を頂きながら調査を行うこともできます。

調査プランで気になることがありましたら、何でもご質問ください。

具体的なお話や状況に応じた最適なプランをご提案いたします。お気軽ご相談下さい。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

投稿者

萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
出身:北海道虻田郡出身
経歴:2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動中。
所属:一社)全日本総合調査業協会会員 一社)北海道探偵調査業協会会員
趣味:ワークブーツ・肉厚の革の鞄を磨くこと。夜のサイクリングがストレス発散。

はじめて調査をお考えの方へ

スマホを操作する
「このようなこと…。相談しても良いのでしょうか?」
「このような調査はできる?」

私たちは今まで、色々なご相談や調査の依頼をお受けして参りました。
その中には、今、あなたと同じの悩みを抱え、解決した事例があるかもしれません。
調査を依頼する、しないにかかわらず、親身になって、お応え致します。

※電話相談では、匿名でも大丈夫です。お気軽にご相談下さい。