難癖つけて離婚を迫ってきたり、離婚を急いでいるようであれば、まずは疑うべきこと

  • おしどり夫婦とまではいかないが、家庭内では険悪な状態ではなかった。しかし突然、パートナーから離婚を迫られた。
  • パートナーの離婚したい理由とは、性格が合わないとか、価値観があわないとか。
  • 昔にあった出来事に不満があるとか、難癖つけて離婚を迫ってくる。
  • とにかく急いで離婚をしたいらしく、子供のことは熱心でなかったのに、子供を引き取るからと高額な養育費を請求してくる。
  • 離婚について簡単に考えているようで、毎日のように自分勝手な離婚話をしてくる。
マントク

弊社にご相談にいらっしゃるお客様にも、このようなケースは多いです。

離婚を急いでいるようであれば、特定の異性の存在や不倫を疑え!

ちなみに離婚事由で一番多い理由が「性格の不一致」です。

ですが、難癖つけて頑なに離婚を迫るパートナーの裏の考えには、不倫が原因であることも考えられます。

実際に調査をしてみると、特定の異性の存在や不貞行為が明らかになることが多いです。

ですから難癖つけて離婚を迫ってきたり、離婚を急いでいるようであれば、特定の異性の存在や不倫を疑った方が良いでしょう。

 

ご相談いただけれましたら、まず、第一段階として浮気や不倫が確定していない場合に効果的な確認調査のご提案をさせていただきます。

それでもし、不審な様子があるようであれば、本格的に調査を進めてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

投稿者

萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
総合調査事務所アイスターオフィス 代表

北海道虻田郡出身
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動中。/一社)全日本総合調査業協会会員、一社)北海道探偵調査業協会会員/

代表プロフィールはコチラ

調査依頼のことで不安や疑問がありませんか?

女性
「調査を考えているけどよくわからない…」


例えば・・
・調査をした方が良いのかわからない。
・調査をするメリットやデメリットは何があるの?
・これからどのように進めていけば良いのだろう?
・事実が判明したり、証拠をつかんだら、その後どうしたらいいのだろう?
・同じような境遇の人は、どのように解決しているのかな?
・色々調査料金のプランのお話しを聞いたけど、どれが良いのかわからない。

ご相談いただけましたら、あなたのお悩みの解決に向けて、探偵として何ができるかお応えいたします。