弁護士さん曰く「探偵はなんで途中で調査をやめるのか?」その理由3選

 

「探偵はなんで途中で調査をやめるのか?」「証拠としては使えないよね」と言う探偵にとってはキツイお言葉を、弁護士さんより聞くことがありました。

「途中で調査をやめる」とおっしゃるのは、確かな証拠がつかめていないのに調査を終了されている報告書をご覧になることが多いとのことです。

そこで弊社では、お客様が持ち込みした、そのような探偵さんの調査報告書を確認した後に、再調査の依頼を受けることもあります。

話を戻しますが、今回は「探偵はなんで途中で調査をやめるのか?」と言う理由についてお話ししますと、結論から言えば、探偵側から調査を途中でやめるのではなく、お客様のご要望により調査が中止されるケースが多いと考えています。

そこで、今回は、調査が中止される3つの理由についてお話しします。

 

度々延長料金が追加される不安と恐怖

定額料金である程度の成果を保証された浮気調査プランでしたら、お客様の必要な成果になるまで複数日間の調査を続けますので、問題はないかと思います。

しかし、時間ごとに延長料金が発生するとなれば、調査を中止することがあります。

なぜなら、お客様も度々追加料金が発生することが大きな負担となり、調査を継続できなくなるのです。

パートナーが動きさえすれば、最初に依頼された1日の調査分。

例えば、十数万円で必要としている強い証拠が全てそろう。もしも延長が加算されたとしても、数万円の追加料金でつかめるものと、勘違いされていたお客様もいらっしゃるようです。

「だったら、最初から数十万円の調査を依頼するのはもったいないよね」

そのように感じるのは、当然かと思います。

親切な探偵なら、時間料金のプランであっても、証拠が押さえる時に想定される事態や目安などについてお話ししてくれます。

ひとり一人のお客様のご要望や調査環境(地理・動向・警戒度など)は異なりますので、実際に調査をしてみないとわからないものです。

ですが、ある程度の目安と取り決め内容を確認してから依頼すると良いでしょう。

 

チョットした証拠でも大丈夫!パートナーとの交渉を甘くみていた。

悲しいことですが、家庭内の権力構造で暗黙の序列もある家庭もあるようです。

  1. 子供
  2. ペット?
  3. パートナー…

相手(パートナー)には興味がないけど、浮気をするなんて許せない!そう考えるお客様もいらっしゃいます。

序列的に下のパートナーですから、チョットした証拠でも、相手(パートナー)をギャフンと言わせることができるはず。

だから、浮気相手と会っているだけの証拠だけでいい。そこまで、調査にはお金をかけたくない!

そのような強いご要望から、決定的な証拠でなくても、調査途中でも中止されることもあるのです。

しかし、お客様の想定とは異なり、パートナーは本気の不倫の交際を続けていたり、必死で浮気相手を守り続けたり、確かな証拠もないので完全否定されることもありました。

ですから、そのような万が一の場合になっても対抗できるように、確かな証拠を可能な限りおさえた方が良いでしょう。

 

信用できない。信頼関係が築けない。

気持ちが焦っていた。

そんな時の判断で、よく考えることもできず間違った判断をしてしまうこと。

そのようなことは、誰にでもあることです。

自分の気持ちに共感されたことで、つい信用してしまった。

詳しい内容も確認しなかったので、後から騙されたと感じた。

契約前に言っていたことと、全く違うので信用できない。

このようなトラブルのお話しは、探偵業だけではありません。

そこで、もし、ひとりが不安でしたら、面談時には家族や親友と同伴することもできるはずです。

そのようなトラブルにならないように、しっかりと内容を確認してから依頼するようにしましょう。

 

まとめ

証拠不足で再調査を依頼するのは、料金の負担が大きくなることになります。

ですから、後でトラブルにならないように、探偵と具体的な話をしっかり話し合い取り決めてから、依頼するようにしましょう。

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)代表

合同会社アイスターオフィス 代表。全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動中。

岩見沢エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。