【事例】単身赴任先のアパートには住んでいない。最近、夫より離婚を切り出された!

アパート

探偵が提案する明らかにすべき事項

  • 夫の居所を判明する
  • 女性と同棲が確認できたら裁判になっても勝てる証拠を押さえる
  • 女性の氏名を判明する

調査稼働日数

約一か月

調査状況

ご主人は単身赴任先には帰宅せず、女性宅アパートにに帰宅していることが判明する。女性は幼い子供を持つシングルマザーであることが明らかになった。女性との生活状況や女性宅が生活の拠点(同棲)になっている状況を証拠押さえた。

解決

ご依頼者様は、女性と示談交渉を行ったが女性は謝罪が謝罪しないこと。夫との協議は困難であることから離婚事件を総合的に弁護士に依頼した。弁護士を立て、女性より慰謝料を受け取ることができた。現在、婚姻費用を受け取りながら別居中であるが、夫が夫婦の修復を求めている。条件が整い次第、離婚をするとのことである。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

投稿者

萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
総合調査事務所アイスターオフィス 代表

北海道虻田郡出身
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動中。/一社)全日本総合調査業協会会員、一社)北海道探偵調査業協会会員/

代表プロフィールはコチラ

まずは具体的なお話は、無料相談でお聞かせ下さい

心配する女性
あなたが気になることや不安なこと。

調査に関する質問なら何でも聞いて下さい。

私たちは、あなたに納得してから調査を依頼していただきたいので、メリットやリスク、想定されることなどを包み隠さずお話ししたいと考えています。

・面談では、正確なお見積りや最適な調査プランをご提案いたします。
・調査依頼の責務はございませんので、お気軽にご相談ください。
・調査を依頼する価値があると判断できましたら前向きにご検討ください。