浮気と不倫の代償の違いとは

 

突然ですが、浮気と不倫の明確な違いとは、一体どんなものなのかご存じでしょうか。

どちらもパートナーを裏切って不貞行為をしたことに変わりはないものの、独身者にも使われる「浮気」の方が既婚者の「不倫」に比べると、比較的軽いニュアンスで使われることが多いようです。

ですが、自分も浮気相手も独身だからと言って、「浮気」を侮ると大変になる可能性があることも覚えておきましょう。

 

事実上内縁関係であった場合

一般的に結婚をしていない交際相手に対して浮気の代償を払う可能性は低いと言われていますが、籍は入っていなくとも事実上内縁関係であった場合には、不貞行為を行った代償としてパートナーに対して慰謝料を払う義務が生じてきます。

特に、同棲期間が長期に及び、実質的に夫婦として変わらない生活を送ってきた場合は、一般的な夫婦と同じ扱いの慰謝料請求を起こすことが可能です。

ちなみに、慰謝料の相場に明確な決まりはありませんが、パートナーの浮気が原因で別居や離婚に至った場合は100万円から300万円の慰謝料請求ができると言われています。

もちろん、この金額が全ての目安になるとは限りませんが、たとえ独身者であってもパートナーに対して精神的損害を与えた意味では高額の慰謝料を払う可能性があることを理解しておくことが大切なのかも知れません。

 

不倫の代償とは?

陰口

結婚して浮気をした場合は不倫となり、当然ながら大きな代償を支払うことになります。

一番大きな代償といえば離婚ですが、離婚に至らなかった場合でもパートナーの怒りがおさまらない場合、浮気相手に慰謝料を請求されてしまうこともあります。

離婚することになった場合、パートナーから慰謝料や養育費を請求されるだけでなく、社会的制裁を受けることもあるでしょう。

会社に不倫がバレてしまい出世の道を絶たれてしまったり、周りの噂や好奇の目にいたたまれず、転職を余儀なくされることもあります。

仮に離婚は避けられたとしても、パートナーから毎日のように嫌味をいわれたり、携帯や持ち物をチェックされることも考えられます。

ひどい場合にはGPSをつけられたり、日々のスケジュールの報告を義務づけられることもありえるでしょう。

パートナーが子どもに浮気したことを伝えることも考えられます。

また、お互いの両親や兄弟など親族に浮気したことをバラす場合もあります。

そうなると自宅だけでなく実家に帰ったときも、針のむしろのような状況に陥ることでしょう。

独身でも結婚していてもパートナー以外と浮気するのは、それなりの相応の代償を支払うことになります。

金銭的にも精神的にも大きなダメージを受けることは間違いありませんので、その場の雰囲気に流されて浮気するのは避けておくのが賢明です。

 

Follow me!

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

高性能GPSレンタル

取り付けカンタン!簡単検索!どこにいるのかバッチリ!

パソコンやスマホでの操作はとても簡単ですので、無理なくご利用いただけます。

使い方は色々です。

・夫(妻)の浮気対策
・徘徊高齢者対策
・子ども・家族の見守り
・愛車・バイクの防犯対策