働く妻のメリットとデメリットとは

今や、結婚や育児に左右されることなく女性が働く時代です。

夫婦ふたりで働くことは、単純に収入がアップするだけでなく、パートナーと助け合う気持ちも強くなるなどのメリットが生まれます。

しかし一方で、妻や母である女性が働くことは、目に見えぬデメリットが付きまとうこともしばしば。

そこで今日は、兼業主婦のメリットとデメリットについてまとめてみました。

働く妻のメリット

主婦が働く最大のメリットと言えば、やっぱり収入のアップですよね。

一家の収入が増えることで、家や車を購入する資金に充てたり、育児にかかる費用に回すこともできます。

その他にも、収入の一部を自分磨きに使ったり日頃のご褒美として好きな物を買ったりと、メリハリのある生活を送れるようになります。

また、老後の資金集めや、病気や事故などで夫の収入が途絶えた時にも、慌てずに対処することができるのも、兼業主婦の大きな魅力です。

働く妻のデメリット

疲れ

兼業主婦の多くは、「日々、時間に追われている」と感じているようです。

仕事をしているからと言って、家事や育児を誰かに頼むわけにもいかないため、必然的に働いている女性は時間が少なくなります。

そんな時にパートナーである夫から、「早くご飯にしてくれ」「掃除が行き届いてない」などと言われると、夫婦の間に亀裂が生じてきます。

ましてや、自分の方が稼げるようになってしまった場合、離婚を考えるきっかけになってしまうことがあります。

家庭のために始めた仕事が、離婚と言う形で終わらせないためにも、働く上での目標を明確にしておくことを是非おすすめします。

夫の意識を変えることも大切です

家事

専業主婦をしている間は家庭のことを全て妻が行っていることが多いですが、仕事に復帰すると、育児や家事をこれまでどおりできなくなるものです。

家事や育児に積極的な夫だとしても、実際に妻が働き始めると自分の仕事時間を削ることに不満を感じることもあるでしょう。

妻には家庭にいてほしいと思う夫なら、なおさらではないでしょうか。

家庭のことは妻が行うのが当たり前だと考えている男性も少なくありません。

男性によっては、家庭のことをおろそかにしてまで働いてほしくないと思う人もいるでしょう。

仕事を始めてから夫が非協力的なことが分かり、せっかく復帰した仕事を辞めなくてはならないこともあります。

仕事復帰するなら妻が働くことに対して夫がどのように考えているか、確認しておくことが必要です。

妻が仕事をすることをあまり良く思っていないのなら、復帰する前に夫婦で話し合う必要があります。

経済的な事情で仕事に復帰しなくてはならない場合、夫も家事などに協力せざるをえませんが、夫の収入だけで生活できていると仕事復帰をイヤがることもあるでしょう。

夫があまり仕事をしてほしくないと思っている場合、どうして仕事に復帰したいのか夫に理解してもらわなければなりません。

社会的な立場を確立するため、経済面を安定させたいためなど、夫が納得できる理由をきちんと伝えて納得しててもらえれば、仕事復帰した後も協力的になってくれることでしょう。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。お洒落カフェ巡り。

室蘭エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA