夫が会社のパートの女性と浮気しているとの情報。会社の上司に話すべきか?

夫が会社のパートの女性と浮気をしているとの情報を、夫の会社の同僚の奥さんが教えてくれました。

もちろん、相手の名前もわかっています。

相手の女性と話をした方が良いのか?

会社の上司に相談した方が良いのか迷っています。

間違いないと思いますけど、浮気の証拠はありません。

ほぼ浮気しているのは間違いないけど。

夫の会社の上司に話すべきか。迷っているあなたへお届けします。

浮気証拠がないなら話すべきではない。

言わない

毎日、お弁当を持たして、夫の健康にも気遣って家事や育児と家庭を守っているのに、夫が外では会社のパートさんと浮気をしていると聞けば、腹立たしいですよね。

しかし、ここは感情的になって突っ走って動いてはいけません。

たとえ、ほぼ間違いない情報かも知れませんが。浮気の証拠がないなら話すべきではありません。

夫の会社の上司に話して解決するのでしょうか?

立っている女性

もし、あなたが

  • あなたが夫とは離婚をしたくない。
  • 浮気相手と別れてほしい。
  • できれば、浮気相手をクビにしてほしい。
  • 会社の上司に話せば、会社で何とかしてくれるはず。

と考えているのでしたら、会社の上司に話すことが結果を期待できることではありません。

確かに、会社の風紀を乱す社員に対して、厳しい対応をしている会社もあります。

しかし、会社の上司の立場や、プライベートは関係ない、話を大きくしたくないという会社の方針もあるでしょう。

一応、社内では、本人達にヒアリングをするとは思いますけど、証拠もないのに、あなたの代わりに交際の事実を問い詰めることはしません。

そんな中、会社の上司に話して、責任を持って交際をやめさせることはできるでしょうか?

例えば、あなたが会社に伝えた場合。

どのような影響があるか考えてみると

  • ご主人に情報の出どころが発覚され、会社の同僚夫婦に迷惑をかける。。
  • 会社に連絡したのは、あなただと疑われる。
  • 会社に噂が広まる。
  • ご主人は会社での立場も悪くなり、評価が下がる。
  • 転勤・部署の配置換えになる。

のようなことは想定できますね。

ですから、会社の上司に相談して解決してもらうと言う考えは得策ではありません。

ハッタリで話し合いにのぞむ!でも相手に否定されたらどうする?

知らない

自分の不利になることでしたら、確かな証拠がなければ認めないのが一般的。

証拠を見せることができなくて、返り討ちにされるようなものです。

あなた:「うちの夫と浮気していますよね。夫と会うのは、もうやめてください!」

浮気相手女性:「はぁ?浮気?・・・迷惑な言いがかりはやめて下さい!」

もし、あなたが勇気を持って、浮気相手女性と話し合いをしようと連絡を取ったとしても、残念ですが話し合いにならないことがほとんどです。

もしかしたら、会うことさえも難しいかも知れません。

あなたが連絡を取った途端。

浮気相手の女性からご主人に連絡が行くこと間違いないでしょう。

そうなると、二人とも警戒心が高くなります。

その後に交際が続いていても、証拠を押さえるのは、とても難しくなることが予想されます。

きちんと話し合いができないのなら、確かな証拠を持たずに話し合いにのぞむのはやめた方がいいですね。

確かな証拠を持っていれば、相手の態度次第では、次の一手も打てる

一眼レフカメラ

まずは、夫の会社の同僚の奥さんが教えてくれた情報から、浮気の事実を確認することが鉄則です。

本当に浮気をしているのか?

会ってもご飯を食べる程度なのか?

または、男女の関係なのか?

相手は既婚者なのか?

どこに住んでいるのか?

交際相手についてや交際の程度を確認することによって、あなたもこれからどのように対応すべきか見えてくるでしょう。

交際の程度や相手の態度によっては、法的措置も考えなければなりません。

ですから、相手との話し合いをする前には、確かな浮気の証拠を押さえた方がいいですよ。

もっと詳しいお話しをご要望でしたら、お気軽にご相談下さい。

解決方法を一緒に考えてみましょう。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)代表

合同会社アイスターオフィス 代表。全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動中。

帯広エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。