妻の怒り。浮気している夫に、浮気や不倫の決定的な証拠を突きつけたい!

もうこっちは、アンタの浮気には気付いているんだ!

憎む

夫が浮気、不倫をしている。

それが疑惑を抱くという段階ではなく、ほぼ、あるいは確定的なものだと気付いているけれど、証拠がない……。

決定的な証拠さえあれば、自分に優位に離婚できるのに……。

そのように思っていませんか?

いくら愛している(愛していた)相手であろうと、自分以外の者と浮気、不倫、不貞をしているならばそう思うことは不自然ではありません。

今回は、札幌市にお住まいの奥様で、それらのように思っている方にお届けします。

浮気夫と浮気相手に、決定的な証拠を突きつける

カフェ

浮気や不倫をしているこんな夫は心底イヤだ、もうこれ以上一緒の生活を続けたくない、何のための結婚だ、と相手を見限りたい思いを抱いていたり。

こんな夫といるのは自分の未来が閉ざされ、侵害されていくだけでしかない。

このような夫を選んでしまった過去は変えられないけど、この人がいない未来は作り直せる、と未来を見据えた思いを抱いたり。

愛情も、情も消え失せ、自分を裏切った夫に慰謝料を請求して、ただ別れるだけじゃなく、仕返しを図ってやりたい、と屈辱と怒りを抱いていたり。

それらを果たすには、浮気や不倫、不貞の決定的な証拠が武器となります。

ですが、時間的、地理的な問題が立ちはだかることにもなりますから、あなた自身で決定的な証拠を集めるのは簡単なことではありません。

例えば、夫が仕事を終えた後の浮気の証拠は、時間的にも自分で集めるのは難しいですし、仕事場やあなたの関わりないところで浮気や不倫が行われていてもまた地理的に難しいことです。

探偵に頼む必要があるその理由とは

そもそも、浮気や不倫、不貞の決定的証拠とは、言わずもがな写真です。

それらに写った姿は完全なる物的証拠として武器となります。

ですが、この写真を撮るというのも、あなた自身で行うのはなかなか難しいものです。

先ほどの地理的、時間的問題もありますが、こちらには技術と機材の面で難しさがあるためです。

どういうことかと言うと、多くの浮気や不倫は夜に行われ、たとえ、札幌市内の住宅街でも明るくはありませんので、その夜闇に紛れて二人で歩く姿を鮮明に写真に収めるというのはそう簡単ではありません。

夜景を撮る、夜間に自分や誰かを撮った経験をされたことのある方ならわかるかと思いますが、夜間のシーンを鮮明に撮影するというのは撮影技術と撮影機材の両方を揃えないと難しいのです。

ですが、探偵であればその夜間の写真撮影をうまく行うための機材とそれに伴う技術の両方を持っています。

あなたが依頼しようとしている探偵に、どのような撮影機材を使用して、どのように夜間の写真撮影に挑むのか聞いてみると教えてくれますよ。

あなたがもし、浮気や不倫の決定的な証拠を掴み、離婚を優位に進めたいと思うのでしたら、プロの探偵に依頼をすることをおすすめします。

まとめ

永遠の愛を誓い合って結婚したのに、他の相手と関係を持つ。

それは決して許されることではありません。

そんな夫を許せない、もう一緒にいたくないと離婚を考えるのでしたら、一度、相談をしてみてください。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)代表
合同会社アイスターオフィス 代表。全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動中。
画像をアップロード

高性能GPSレンタル

取り付けカンタン!簡単検索!どこにいるのかバッチリ!
パソコンやスマホでの操作はとても簡単ですので、無理なくご利用いただけます。
使い方は色々です。

・夫(妻)の浮気対策
・徘徊高齢者対策
・子ども・家族の見守り
・愛車・バイクの防犯対策