【調査事例】毎晩のように外出し、朝に帰宅し出勤する夫

アパート

ご相談内容

20代の既婚女性からのご相談。30代の夫は仕事を終え帰宅すると、再び夜になると外出する。そして朝になると一度、帰宅し出勤する。このような生活パターンが毎日のように続いている。夫に問いただすと、「俺は働いているから付き合いがあるんだ。」「給料だって渡しているだろう。なんか文句あるのか?」と言い話にならない。

自分で夫の行先を調べたら、あるアパートの駐車場に駐車されているようだ。多分、女性のところだと思う。

夫は絶対に認めない。離婚をする覚悟ができたので、決定的な証拠を押さえてほしい。

 

お客様からのご要望

  • 夫が宿泊している場所を知りたい。
  • 宿泊場所が女性宅であれば、宿泊している証拠を押せえてほしい。
  • 女性の氏名、勤務先を知りたい。

調査の状況

ご主人の訪問先のアパートには、ご主人と同じ勤務先の女性であることが判明しました。そのアパートには、小学生の女性の子供も住んでいました。ご主人はアパートの鍵を所持しており、自由に出入りができるようです。女性アパートに継続的に宿泊する状況を押さえました。

  • 女性アパートに出入り宿泊する状況、3日分
  • 女性の氏名、勤務先の判明

解決

  • 弁護士に依頼し慰謝料を請求し、女性より慰謝料を受け取りました。
  • 夫との協議により、納得できる条件で離婚をしました。

Follow me!

投稿者

萬徳 聡合同会社アイスターオフィス 代表
北海道虻田郡出身/元自衛官在隊11年
2002年、全国ネットワーク大手探偵社に所属し、探偵として調査経験を積む。2004年、「総合調査事務所アイスターオフィス」独立開業。札幌市・千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動中。/一社)全日本総合調査業協会会員、一社)北海道探偵調査業協会会員/

「依頼して良かった」と言っていただけることが励みになっています。これからもお客様や弁護士様にお声がけいただける探偵事務所を続けて参ります。

無料相談で具体的なお話をしてみませんか?

気になることや不安なこと。調査のことでしたらなんでもご質問ください。
今までの現場経験を踏まえて、お応えいたします。

苫小牧相談室がございますので、人目を気にすることなくご相談できます。
また、出張相談にもお応えしております。

・面談では、正確なお見積りや最適な調査プランをご提案いたします。
・調査依頼の責務はございませんので、ご安心ください。
・調査依頼する価値があると判断できましたら、前向きにご検討ください。