【調査事例】週一回の残業とアリバイ工作する介護ヘルパー妻と介護施設長の不倫

ご相談内容

40代の男性からのご相談です。

30代半ばの妻は福祉施設で介護ヘルパーとして勤務しています。

妻とは同じ部屋で就寝していたが、いびきがうるさいとやらで別の部屋で寝ると言い出した。

何か胸騒ぎがして、いつも使用している妻のカバンの中を探ってみると、ポーチの中からコンドームが出てきたとのこと。

あまりのショックから、妻には問いただしていません。

妻の平日の昼間は通常の時間通りの勤務で、土日も家族と一緒に過ごしている。

平日も自宅で夕食を食べているが、週に一度だけは、職場の上司に残業を頼まれて帰宅が23時頃になることがある。

もしかして、その日に浮気をしているのかもしれないので、調べてほしいとのことです。

 

探偵が提案する明らかにすべき事項

  • 妻の行動確認。浮気の事実確認をする。
  • 特定の異性との交際状況を複数回押さえる。(ラブホテル、ツーショット、デートなど)
  • 交際相手の氏名・居住先を判明する。

調査の成果状況

奥様の行動を確認したところ、ご依頼者様の予想通り特定異性関係者の存在が明らかになりました。

交際相手の男性は、推定40代の同じ介護施設に勤務する独身男性であることが判明しました。

またその男性は、同施設のWEBサイトに顔写真が掲載されており、組織の責任者でもある施設長でした。

奥様は、残業予定日には、残業をしておらず、スーパーで食材を購入し、男性の居住するマンションに立ち寄っていました。

また、マンションから出てきた時は、別れ際にキスする状況を確認しました。

一連の状況は撮影しております。

さらに、接触したのは、残業予定日だけではなく、出勤しているはずの平日にも仕事を休み、交際相手とドライブデートのほか、ラブホテルに滞在する状況もありました。

 

  • 交際男性のアパートに滞在する状況、3回分を押さえました。
  • 交際男性とのツーショット、ドライブデートなどの一連の行動を押さえました。
  • ラブホテルの滞在状況、1回分を押さえました。
  • 男性の氏名、勤務先を判明しました。

相談している弁護士に証拠取得状況を報告し、調査を終了しました。

解決

  • 弁護士を立て、交際相手の男性より慰謝料を受け取りました。
  • 交際相手の男性と奥様より、相互に連絡を取らない旨の念書を取りました。
  • 協議により夫婦関係を修復する方向へ進めました。

ご依頼者様は、話し合いをすることが苦手とのことで、すべて弁護士にお任せしました。

納得できる条件で解決することができたとのことです。

 

 

Follow me!

無料相談で具体的なお話をしてみませんか?

ご相談は、匿名でも大丈夫です。今までの現場経験を踏まえてお応えいたします。

札幌相談室がございますので、人目を気にすることなくご相談できます。
また、出張相談にもお応えしております。

・面談では、正確なお見積りや最適な調査プランをご提案いたします。
・調査依頼の責務はございませんので、ご安心ください。
・調査依頼する価値があると判断できましたら、前向きにご検討ください。