夫の不倫を確信したものの、離婚を視野に入れていない場合の対処法

謝る夫

 

男性と言う生き物はとかく浮気をするものだと言われていますが、そうは言っても心のどこかで「うちの人に限って」と思う女性は決して少なくはありません。

だからこそ、実際に夫の不貞行為を目の当たりにした際には、とんでもない程に取り乱してしまい収拾がつかなくなることも多いのかも知れませんね。

そこで、夫の不倫を確信したものの、離婚を視野に入れていない場合の妻に勧める対処法について、今日はご紹介したいと思います。

 

夫に非を認めさせる

離婚をするしないにしても、まずは夫に不貞行為の非を認めさせることは大変重要です。

それには、しっかりと白状させて反省を促すことが必要となりますが、その際にあると便利な物と言えば、決定的な浮気の証拠です。

怪しいなと思ったら、財布や携帯などをチェックするのはもちろんのこと、探偵事務所に調査を依頼することも検討しておきましょう。

その際、浮気相手の女性には直接接触しないことが賢明であると言えそうです。

特に、離婚を前提としない場合には、浮気相手と接触したことで話し合いがこじれるなどのリスクも生じてきます。

あくまでも夫と冷静に話し合いを行い、夫婦で結論を出すことが先決と言えそうです。

 

やり直す際には甘くならないことも必要

ですがそうは言っても、人生のパートナーでもある夫の裏切りを易々と許してしまうのも、何だか腑に落ちませんよね。

そんな時は、今後また不貞行為をした場合のペナルティを告知しておくことがおすすめです。

その際、書面に捺印させるか音声や動画の録音をしておくと、浮気の再発防止やもしもの時の離婚裁判でも大いに役立ちます。

 

義両親にも伝えておく

夫に浮気をされた場合、離婚を考えていないなら夫婦間で話を済ませようとする妻も多いですが、それだとまた浮気をされてしまう可能性があります。

二度と浮気されたくない、または夫に強く反省させたいと思うなら、義両親に不倫されたことを話しておくのも良いでしょう。

自分の親に不倫の話をされると、自分がダメな部分を親に見せてしまい悲しい思いをさせてしまう、または親から怒られてしまうなど、夫は複雑な気持ちになるようです。

また、子どもがいる場合は義両親が孫と会えなくなる不安から、妻の味方になってくれることも多いようです。

夫婦の話を義両親に話すのはルール違反のように感じますが、夫婦の危機の原因を作ったのは夫だと割り切って話してみると、想像以上に効果があることもあるようです。

 

許した後は責めるのは禁止

離婚しないイコール不倫したことを許されたと思う夫は少なくありません。

しかし妻の立場からすると、離婚しないから許したわけではないと思う人も多いことでしょう。

許せないけど離婚しないという人もいますが、実際にそうした生活を続けてみても結局は最終的に破局してしまいます。

夫が反省して不倫をやめた後は、夫を責めるのはやめておきましょう。

責めれば責めるほど浮気相手を思い出し、また不倫を再開する可能性もあります。

 

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

画像をアップロード

千歳・苫小牧周辺エリア限定!浮気調査プラン

証拠を押さえるまで調査してくれるし、後から追加料金がないので、安心して依頼することができました!
【浮気調査・証拠収集】 苫小牧市 女性 Y・H 様

【成功報酬型浮気調査プラン】
調査スケジュールは、私たちにおまかせいただき、パートナーの動向に合わせて最適な調査を行います。
高速料金やガソリン代や調査報告作成費、調査員の増員があっても追加料金が一切なしです。
「定額料金なので安心」とのお客様よりお声を頂いています。