疑わしきは罰してくれない離婚裁判。勝つ為にしなければならないコト

 

どんなにあなたがパートナーの浮気に悩みを抱えていても、確実な証拠が無い場合は不貞行為として認められません。

浮気をする時点で人は必ず嘘をつきますが、離婚裁判に勝つ為にはその嘘を覆し、パートナーの不倫を立証しなければならないのです。

そんな時に役立つ助っ人として、今日は探偵事務所のハウツーをご紹介いたします。

 

尾行&張り込み&撮影!浮気調査

個人で尾行し続けるには限界がありますが、探偵は複数名で尾行と張り込みを繰り返ししながら素行調査を行います。

カメラを使って撮影するので、時間や場所や人物の特定が第三者にも明確に伝わります。

また、ご要望によっては、浮気相手の名前や住所・勤め先も調査報告書にも記載されるので、不倫の疑惑だけで相手が誰だか分からない場合には大変便利です。

 

離婚裁判に勝つ為には

パートナーの不貞行為により、離婚裁判で慰謝料の請求を考えている場合にも、探偵事務所は役立ちます。

浮気の証拠が載っている調査報告書は、周囲の人々(両親や親せき、友人)や裁判所などの第三者があなたの訴えを認めてくれる材料になります。

また、あなたのパートナーだけでなく浮気相手に対しても慰謝料の請求ができるので、その際はツーショット写真などの証拠写真が強力な武器になります。

最近では、探偵に証人出廷をお願いできたり、離婚に強い弁護士を紹介してもらえるなど、あなたが離婚裁判に勝てるように手助けしてくれる事務所も増えています。

 

離婚裁判の前には離婚調停がある

離婚裁判は、離婚を考えたらすぐに始めるということは出来ません。

段階としては最初に離婚調停を行い、調停不成立になった後に離婚裁判に進んでいくことになります。

この離婚調停では、相手に嘘を言わせた方がこちらとしては有利になります。

探偵に依頼をし既に不貞行為の証拠をつかんでいたとしても、はじめから相手に証拠を突き付けるのではなく、相手の出方の様子を見ると良いでしょう。

「浮気なんてやっていない」と言わせてから証拠を突き付けた方が、「嘘ばかり言う人」という印象を裁判官などに与えることができます。

離婚裁判で確実に勝つために頭に入れておきたいポイントです。

 

探偵には知識と経験がある

離婚裁判に向けて探偵に相談するか迷う人もいるかと思います。

ただ離婚裁判をどう進めていくか、事前の準備や細かい発言などは全て結果に繋がっていきます。

裁判の知識が全くない中で「正直に望めば勝てる」という安易な世界ではありません。

「疑い」だけでは相手を罰することは出来ませんし、感情だけでは裁判に負けてしまいます。

探偵事務所には離婚に関する相談が連日寄せられています。

相談内容の多くが夫婦間の問題であるため、知識が豊富で解決までの実績があります。

探偵からのバックアップがあれば、裁判の勝率が確実に上がります。

一人で戦おうとするのではなく、専門家のサポートを受けながら頑張りましょう。

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

帯広エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。