夜間時の写真撮影が調査のキモ。ビデオカメラとデジタル一眼の比較

夜間時にいかに明るく鮮明に撮影できるか?これが探偵の撮影技術のキモの部分

駐車車両

探偵経験が長くても、暗所の撮影は悩まされるところです。

ですからカメラ任せのオート撮影では撮れないことが多く、ISO感度を上げたりしながら可能な限り鮮明に撮るように心がけています。

なぜなら、報告書で使用するには、夜間でも比較的鮮明な写真でなければ証拠能力としても低いものになりかねないのです。

  • ピンぼけ
  • 暗くて車のナンバーや車種が不明・・・
  • シルエットだけのクロつぶれ・・この人誰?
  • 編集しすぎて、粗い斑点のある認識不可能。

このような写真では、説得力に欠けるものです。

札幌市内の繁華街などは、店舗のネオンや街灯で比較的明るいのでそれほど問題にはなりませんが、郊外の千歳市や苫小牧市などは比較的暗い場所が多い状況が予想されます。

特に住宅街は、街灯の光が少なく暗いのが一般的。

ですから、低スペックのビデオカメラで撮影した映像・画像では報告資料として提出できるものにはならないのです。

しかし、そのような調査環境であっても、頑なに低スペックビデオカメラで調査を行っている探偵事務所もあると聞きます。

悲しいことですが、実はそのような探偵事務所の調査報告書では証拠としては使えないため、弁護士さんからのご提案で再調査の依頼を受けることが多いのが現状。

ですから、探偵選びは料金や人柄だけでは難しいのです。

厳しい環境の中でもどうやって証明できる証拠をつかむか?撮影するか?が探偵の腕の見せ所。

様々な環境下で撮影するためには、ビデオカメラだけでは難しいのです。

弊社では、調査現場の状況に合わせて複数台のカメラを選択し、カメラの設定や撮影テクニックで可能な限り鮮明な写真を撮るようにしています。

関連記事

暗視時の比較撮影

夜間の調査は、暗所が多いので撮影するには過酷な環境が多いのは先ほどお話しした通りです。

暗くて何が撮影されているのかわからないボツ写真ばかりでは、証拠能力が低く証拠としては使えるものにはなりません。

そこで、今回は、614万画素の比較的高画質のハイビジョンビデオカメラをナイトショット撮影とデジタル一眼の暗視時の撮影の比較テストをしてみました。

※撮影風景や対象物は、全く調査とは関係ありません。

テスト撮影①

撮影環境 市内路上停車車両(外灯の光が少ない環境 難易度Sクラス)
天候 曇り
時間 21時頃
状況設定 車両に人が乗車しているため、ライトの照射は不可。

公園の駐車場で、二人で密会している状況では、このようなシチュエーションがよくあります。

t-2a

20m程離れた位置からズームで路上停車している車両を撮影してみました。

照明が少ない撮影環境では、肉眼より暗く画像が黒くなり撮影対象物が確認できません。

オートではピントも合わないレベルです。

弊社サンプル写真

t-2b

上と同じ環境と構図で撮影しました。弊社では肉眼より明るく撮影していますので、対象物や乗車している人物が確認できます。

※写真撮影されている対象車両は、調査とは無関係の車両です。

テスト撮影②

撮影環境 市内駐車場(外灯の光が少ない環境 難易度Sクラス)
天候
時間 22時頃
状況設定 車両に人が乗車しているため、ライトの照射は不可。

閉店時間の過ぎた大型施設の駐車場で、二人で密会している状況では、このようなシチュエーションがあります。

t-1a

こちらも20m程離れた位置からズームで外灯の近くに駐車されている車両を撮影してみました。

肉眼では車を確認することができますが、やはり距離もあり肉眼より暗く撮影されます。

シルエットは見えますが車種や車両ナンバーがわかりません。

これでは画像修正ソフトで編集しても、画質が乱れ車両ナンバーが認識できるレベルまで修正できるものにはなりません。

弊社サンプル写真

t-1b

上と同じ位置から同じ構図で撮影しました。

車の車種やナンバーまでハッキリ確認できる写真です。

※写真撮影されている対象車両は、調査とは無関係の車両です。

撮影にこだわりがある探偵は、メインカメラがデジタル一眼である

デジタル一眼カメラ

ハイビジョンビデオカメラとデジタル一眼を比較し撮影してみましたが、画像の明るさは明らかに違います。

都会の明るい繁華街では、低スペックビデオカメラで撮影したものでも可能な場所もありますが、郊外の外灯の少ない街や住宅街では、クロつぶれのシルエットしか写らないものになることが予想されます。

現在では、4Kビデオを使う探偵社も多くはなりましたが、低スペックの明るさよりは少し明るいですが、まだまだ満足できるものではないかと思います。

ですから、あなたの依頼する探偵社が、証拠撮影にこだわりがある探偵なのか?

その目安として、デジタル一眼をメインカメラとして使用していることがポイントかも知れません。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)代表

合同会社アイスターオフィス 代表。全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動中。

函館エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。