家庭不和を前面に出す浮気男のずるい考え

世の中、ずるい人間っていますよね。

もし、あなたを口説こうとしている男性が「家庭がうまくいっていない」「妻とはろくに会話していない」などと口にしても、既婚者にも関わらず恋愛を楽しもうとしている人間は、会話や行動にずるさが垣間見えます。

ですから、決して鵜呑みすることがないように注意深く観察することが必要です。

そもそも、浮気をしたいともくろむ人の大半は、家庭不和や夫婦不仲であることを決まり文句として使うものです。

しかし、もし本当に家庭が破綻寸前の状態だとして、他の女性と婚外恋愛を楽しめる余裕などあるはずがありません。

ましてや離婚を前提に妻と話し合いをしていたり既に離婚裁判中であった場合、わざわざ不倫の事実を作って自分の立場を不利にすることはまず考えられないと言って良いでしょう。

もし仮に、彼が本当に離婚を検討していたとしても、婚姻関係が継続している以上、あなたは恋人ではなく愛人の立場として、男性の妻から慰謝料を請求されるリスクも考えなければなりません。

自分の身辺を清算しないまま、妻や愛人にどっちつかずの態度を取る男性は卑劣以外の何物でもないとして、相手にしないのが一番です。

不倫や浮気に手を出さないためのセオリーとしては、交際相手以上に自分がいかに幸せでいられるかを常に考えることが大切なのかも知れませんね。

それでも不倫関係になってしまったら

悩む

相手の家庭の不和を本気で信じてしまった場合、不倫関係に陥ってしまいます。

最初は相手の言葉を信じられたとしても、関係が長期間に及んでくると、さすがに本当に妻とうまくいっていないのか、疑ったほうがよいでしょう。

「いつか妻とは別れるつもりだ」「子どもがいるから別れられない」などという男性も多いですが、本気で話している訳ではありません。

本気で妻と離婚したいのであれば、リスクを背負ってでも離婚します。

子どもがいるから別れられないのではなく、それを言い訳にしているだけです。

不倫関係になると、男性のこうした言葉を本気にしてしまう人も多いですが、ほとんどの場合、女性の気持ちを引くためだけに使っていると考えたほうがよいでしょう。

不倫関係になってしまった場合、不倫相手のいうことを鵜呑みにするのではなく、自分の立場や気持ちを客観視することが大切です。

もし、不倫相手の言葉を信じ、相手が離婚していずれは結婚できると信じているのであれば、不倫関係は解消したほうがよいでしょう。

客観的に考えれば、パートナーがいるのに浮気するような男性は、たとえ奥さんと離婚して結婚することができたとしても、あなたもまた浮気をされる可能性が高いと考えられます。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。お洒落カフェ巡り。

帯広エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。