うつ病が急増!わが子がうつ病にならないために気をつけたいこと

 

近年、若者のうつ病が急増している中、特に中学生での発症が多くなっている現状をご存知でしょうか。

そして、その原因の多くが家庭における環境であると言われています。

 

三つ子の魂百まで

これは、子供は三歳頃に受けた育児によって培われた性格や気質は百歳になるまで変わらないと言うことわざです。

人の性格は、幼児期における家庭環境や特に母親との人間関係が大きく影響されると考えられています。

「そんな大袈裟な…」と思う人も多いかと思いますが、人格形成の基本が三歳頃にできあがるというのは科学的にも証明されている事実です。

 

家庭不仲は百害あって一利なし

夫婦の仲が悪い環境で育った子供は、常に強いストレスとトラウマを持っています。

子供の脳は大人と違い、発達過程である分とても脆弱にできています。

それはストレスに対応する場合も同じであり、家庭で起こるトラブルを子供たちは非常に大きな悩みとして捉えているのです。

 

子は親を映す鏡

しょっちゅう夫婦喧嘩を見ている家庭で育った子供は、思いやりを持つ心がうまく育ちません。

また、将来(結婚や育児)に希望が持てなくなったり、自暴自棄になる子供も増えています。

家庭不和は、夫と妻だけの悩みではなく、子供の将来にまで悪影響を及ぼすものです。

子供が健やかに育つためには、信頼に基づく家族の人間関係の上に成り立つ安心感を与えることが大切なのです。

 

うつ病の原因特定で、保護者からの聞き取りもあり得る

うつ病は親子関係が原因の一つであることが少なくないことを前述しましたが、その点についてもう少し触れておきましょう。

うつ病であると診断されると、その原因の特定を行います。

本人から丁寧に聞き取りをすることで気持ちが落ち着く作用もありますし、原因を取り除くことが再発防止のために重要だからです。

この時点で、自分の対応に問題があったことを親が初めて後悔するケースがあります。

子どもがうつ病になったことで、子どもに大きな不安を与え心が疲れ切っていたことを初めて知るのです。

 

うつ病を引き起こす子供への対応とは

夫婦間、家族間に問題が無くても、親の対応によって子供がうつ病を発症することもあります。

子どもが何か悪いことをした際、きつく感情的に叱ってしまう事はありませんか。

成績が落ちたことを「もっと勉強しなさい!」と一方的に言ったことはありませんか。

確かに子供はたくさんの間違いを犯します。

しかしその全てが自分の欲望のままに起こした結果であるとは限りません。

もしかしたら何か悩みを抱えていたかもしれませんし、そうせざるを得ない事情があったのかもしれません。

優しく声をかけてあげるだけでも、子供の受け止め方は変わります。

うつ病にならないために、子に対する日頃の対応を見直してみましょう。

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

画像をアップロード

千歳・苫小牧周辺エリア限定!浮気調査プラン

証拠を押さえるまで調査してくれるし、後から追加料金がないので、安心して依頼することができました!
【浮気調査・証拠収集】 苫小牧市 女性 Y・H 様

【成功報酬型浮気調査プラン】
調査スケジュールは、私たちにおまかせいただき、パートナーの動向に合わせて最適な調査を行います。
高速料金やガソリン代や調査報告作成費、調査員の増員があっても追加料金が一切なしです。
「定額料金なので安心」とのお客様よりお声を頂いています。