浮気調査を依頼するのは女性が多いのはなぜ?!

どんなに愛し合った夫婦でも、一生お互いに恋い焦がれて生活することは難しいと言われています。

妻や子供のいる家庭が第一であったとしても、他の女性に心を奪われることも「人間」であれば自然の感情なのかもしれませんね。

しかし、ふとした出来心から不倫をしてしまうのは、また別の話です。

 

家庭や子供を守る女性の本能

法律上、配偶者のある者が配偶者以外の異性と性的関係をもつことは不貞行為とみなされるため、いずれ配偶者から離婚や慰謝料の請求をされても仕方がないことを充分に知っておく必要があります。

ちなみに、配偶者の浮気調査を探偵事務所に依頼する人の男女比を表すと、夫側が4割なのに対し妻側は6割だそうです。

これには、家庭や子供を守る女性の本能が大きく影響していると言われており、浮気相手と別れさせるための証拠集めや、離婚を前提に夫への慰謝料を請求するために素行調査を依頼する場合もあります。

また、探偵に依頼する人の年齢層としては、20代後半から40代が最も多いと言われています。

この結果からも、この年代の夫婦における「浮気問題」がいかに家庭にダメージを与えているかが分かります。

つい出来心で始めた火遊びが、やがて取り返しのつかない深刻化を招く前に、自分を律することも時には必要なのかもしれません。

 

浮気が分かったときほど冷静になることが必要

夫の浮気を疑ったとき、後先考えずに浮気の証拠探しを始める妻も少なくありません。

信頼していた夫が浮気していると思うといても立ってもいられなくなり、自分で浮気の証拠を探そうとする人もいれば、探偵事務所に調査を依頼する人もいます。

しかし、そんなときほど冷静になることが大事です。

まず先に考えなくてはならないのが、もし本当に夫が不倫していたら自分はどうするのかという点です。

離婚するのかそれともこれまでどおりの生活を続けるのか、自分で決めておく必要があります。

離婚するつもりなら確実な証拠が必要なので、探偵事務所に依頼したほうが良いでしょう。

夫が素直に浮気を認め、慰謝料や養育費などの請求に応じてくれるなら自分で証拠探しをしても良いですが、逆に離婚したがる夫だと浮気を認めないこともありますので、探偵事務所に依頼しておいたほうが安心です。

離婚しないと決めている人でも、その後の夫婦生活を続けられるかどうかは考えておきましょう。

夫に浮気の証拠をつきつけて不倫をやめさせることができたとしても、これまでどおりの生活は戻ってきません。

夫に不信感を抱いてしまい、ことあるごとにケンカになるのは目に見えています。

夫が浮気しているかもと思うと感情的になってしまうのは当然ですが、今後のことを考えどのように行動するのが一番良いか、まずは冷静になって考えましょう。

 

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

帯広エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。