裏切り行為をした夫への復讐はコレしかない!

当然のことながら、離婚裁判において、浮気の疑いがあるだけでは優位に立つことはできません。

しかも、疑いの範疇をはるかに超えるであろう、浮気相手とのラブメッセージやツーショット写真があったとしても、残念ながらこれだけでは二人が不貞行為をしていたかどうかの立証はできないことが分かっています。

その上、離婚裁判では、一夜の過ちと継続的な不倫関係では判決に大きな違いが出るため、裁判において離婚の成立や慰謝料の請求を勝ち取るためには、パートナーと浮気相手が複数回の性交渉を持ったと言う事実を突き付ける必要があるのです。

とはいえ、第三者も認める決定的な浮気の証拠を捉えるには、日頃の地道な証拠集めや裏取りが大切なポイントとなるのは間違いありません。

もし、あなたのパートナーに疑わしい言動や挙動不審な動きが見られたら、まずはスマホのメールや画像やレシートなどを確認して、不審な点を全て画像に残しておくようにしましょう。

また、物証の他、長年の友人らの証言なども離婚裁判では有利に働く場合もあるため、あらかじめ夫婦の共通の友人に悩みを相談するなどして周囲を地固めをしておくことも時には必要です。

これもそれも、あなたの第二の花を咲かせるプロセスだと思えば、多少困難でもやり抜くパワーとなって、あなたを良い方向に導いてくれるのではないでしょうか。

証拠を集めるメリット

問い詰める

もしも夫が浮気をしていた場合、証拠集めをしておくことでどのようなメリットがあるのでしょう。

証拠を集めておくと、何よりも浮気をしていた夫に対して、妻からの離婚請求が認められやすくなります。

明らかに浮気をしていた場合でも夫が、しらを切りとおすことも考えられます。

そうなると話し合いで離婚できる協議離婚は、まず難しいと考えられるでしょう。

次に進むのが離婚調停ですが、ここでも浮気を認めなかった場合、最終的に離婚裁判へと進みます。

離婚裁判では勝訴しないと離婚が認められないため、確実に夫が浮気をしていた証拠がカギを握ることになります。

離婚裁判で離婚事由となるのが、夫の不貞行為です。

夫の不貞行為が裁判で認められると、離婚請求が認められます。

離婚が妻にとって有利な形で終わらないと、離婚後の人生が大きく変わってしまいます。

そのため、夫が浮気していた場合の証拠はとても重要になります。

仮に夫が不倫相手と一緒になろうと離婚裁判を起こしたとしても、妻が浮気の証拠を握っている限り、離婚請求が認められにくくなります。

夫の浮気が原因で夫婦関係が崩壊したのに、自分だけのうのうと不倫相手と一緒になることは法律が許してくれません。

また、浮気の証拠を持っていれば離婚を有利に進められますので、慰謝料や養育費などについてもスムーズに話が進みやすくなります。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。お洒落カフェ巡り。

岩見沢エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。