定年後の夫に捨てられる妻の特徴とは

20年前と比べ、熟年離婚する夫婦の件数は何と7割増しなのだそうです。

しかも、当時はそのほとんどが妻からの申し立てだったのに対し、今では夫から切り出すケースも多いと言うのですから驚きですよね。

そこで今日は、定年後に夫から離婚を突き付けられる妻の特徴について調べてみました。

定年後の人生にこんな妻はいらない

長年連れ添った妻と「このまま老後の人生を一緒に歩めるのか」と不安になった時に、夫は離婚を意識すると言います。

仕事に追われていた現役時代を走り抜けてきたからこそ、老後くらいはゆっくりと充実した時間を過ごしたいと考えるのも男性も大変多いのだとか。

そうなると、当時は目をつむっていた自宅室内の散らかりや、食事の手抜き、会話の弾まない妻との殺伐な家庭に対して、リセットをしたいと考えるそうです。

また、出不精で何事に対しても文句の多い妻に対しても、男性は辟易と感じていることが多いと言います。

特に定年後は時間の余裕も出るため、夫婦が一緒に出かける機会も増えていきます。

そんな時に重い腰で嫌々ついて行ったり「ここは全然楽しくない」など文句ばかり言う妻に対しても、「この先の人生にこんなパートナーはいらない」と考えるきっかけになると言われています。

夫に見捨てられないために気を付けること

長年一緒に連れ添っていると、夫のやることや興味をもっていることなどにも無関心になってしまう妻もいることでしょう。

また、夫が病気のときに冷たい対応をしたり、ATM代わりだと思っている妻もいるのではないでしょうか。

本当は妻に対して不満を感じていても、仕事をしている間や子どもが小さなうちは我慢をしている夫も少なくありません。

定年退職後に自由になったあと、それまで蓄積されていた不満が爆発し、離婚をいい渡すことも多いようです。

夫に対して興味が薄れてしまうのは、長年一緒に暮らしていると仕方のないことかもしれません。

しかし、お互いに意識的に会話をするよう努力していれば、相手の興味のあることや悩んでいることなどが、自然と伝わるようになってきます。

夫が遅くまで仕事をしていたときは、感謝や労いの言葉を伝えることも必要です。

「いつもありがとう」

「遅くまでお疲れ様」

といった簡単なひと言でも、夫は嬉しく思うものです。

また、料理を手抜きしすぎないことも大切です。

普段からお惣菜ばかり購入して、外食頻度が多すぎると、うんざりしている男性も少なくありません。

夫の好物を定期的に作ってあげるなど、たまには新たなメニューにチャレンジしてみると、夫も自分のために料理を頑張ってくれていると喜んでくれます。

夫は自分がいなくては何もできないと信じ込みすぎていると、夫の定年後に離婚を言い渡される恐れもあるので、過信しすぎないよう気をつけましょう。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

函館エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。