夫や子供がいるにも関わらず、妻が不倫をする時の心理とは

心の闇

 

夫がいるにも関わらず他の男性を好きになる女性は、今のパートナーに不満を抱いていることが多いと言います。

夫に対して以前のようなトキメキが感じられなかったり、子供ができたことで一つの家族になってしまった、夫から女として見られていないなど。。

毎日家事や育児に忙しいとは言え、今の生活に虚無感や倦怠感を感じている時に心の隙間を埋めてくれる男性が現れたら、きっと多くの女性の心は揺らいでしまうのではないでしょうか。

ですが、そこで理性が勝つか本能が勝つかの分かれ道は、その女性の性格次第であるとも言えそうです。

基本的に不倫に走る既婚女性は、結婚前に不倫の経験があった場合が多く、これには女性が特定に付き合っている男性以外の男性と付き合うことに抵抗がないことや、一人の男性だけでは満足できない傾向が強いことも分かっています。

また反対に、結婚前に男性と付き合った経験が無かったり少なかった女性も、不倫にどっぷりとハマってしまうことが多いと言います。

これは、男性経験が少ない分その純粋さがあだとなり、浮気や遊びでは済まされなくなった結果、家庭や育児を放棄してまで離婚に至るなどの例が挙げられます。

このように、既婚女性が不倫をする時の心理は、それぞれの性格や育ってきた環境が大きく影響しているようです。

とは言え、不倫関係を長々と続けることに何のメリットもありませんので、潮時の見極めができるように常に心の準備をしておくことも必要なのかも知れませんね。

 

刺激だけを求めて不倫する妻も多い

幸せな家族がいるのに不倫をしてしまう妻の心理とは、一体どのようなものなのでしょう。

夫や子供以上に大切に思える相手ができたから、不倫に走るのではと思うものですが、実際は平凡な毎日に飽きてしまい、快楽とスリルを求めて不倫している妻も少なくありません。

今の生活を捨てることなど一切考えておらず、現状維持のまま不倫を楽しみたいと思っている妻も多いことでしょう。

実際に不倫が夫にバレてしまった場合でも、自分が泣いて謝れば何とか回避できると思っている妻もいます。

夫に愛されている自信があったり、子どものことを考えた場合、離婚はしないだろうと高を括っていると、不倫がバレたときに夫からの逆襲を受けることもあるのです。

 

目先の快楽に溺れると一生苦労することも

最近では不倫が世間にバレてしまうと、思ってた以上の社会的制裁を受けることもあります。

同じ職場の人と不倫している場合どちらかが異動になったり、ひどい場合は退職を余儀なくされることもあります。

また、夫にバレてしまうと離婚は避けられません。

不倫相手と自分に慰謝料を請求されることもあるでしょう。

もし不倫相手に妻や子どもがいるなら、双方から慰謝料を請求されることになります。

たとえ離婚が成立して不倫相手と一緒になったとしても、高額な慰謝料を支払い続けることになるので、決して裕福な生活は期待できません。

 

Follow me!

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。