不倫のリスクは想定外に大きい時もある

 

不倫をしたことのある人であれば、それが楽しいだけではないことを知っていることでしょう。

刺激や高揚感が得られる反面、その裏には罪悪感だけでは済まされない苦難が待っていることもあるのです。

そこで今日は、既婚女性と既婚男性がハマるダブル不倫に潜むリスクについて深く考えたいと思います。

 

覆水盆に返らず

言うまでもなく、不倫とは一人でするものではありません。

従って、自分がどれだけ水面下で慎重に動いていても、交際相手からすんなりとバレるケースは多々あるのです。

そんな時、どちらかの配偶者の怒りが収まらない場合は、その後にものすごい修羅場が待っていることを覚悟しておくことが必要です。

ダブル不倫の場合、自分だけでなく浮気相手のパートナーからも多額の慰謝料を請求される可能性もあり、子供がいる場合は不倫の事実が邪魔をして親権が取れない可能性も高くなってきます。

また、浮気が原因で離婚する場合は、親族に知れ渡ったり、下手をすると会社や近所にまで知られてしまうケースも多くあります。

人の口に戸は立てられないと言いますが、うわさはうわさを呼んで「あの人は不倫で離婚した」と周囲に烙印を押されてしまうのです。

このように、覆水盆に返らないのが不倫であり、その代償はあまりにも大きいため、後悔してもしきれないと言った現状が待っています。

とは言え、日本では不倫をしても犯罪行為にはならないため、それなりの覚悟がある人はリスクを背負う覚悟で危険な恋愛を試してみてはいかがでしょうか。

 

仕事を失う可能性も!

最近は不倫に対して厳しい世の中になってきていますので、勤めている会社によっては不倫がバレた場合、会社の信用を落としたとして解雇されてしまう可能性もあります。

もしくは会社の重要なポストから外されてしまったり、左遷させられてしまうなど、何らかの処分を受けることも考えられます。

出世の見込みもなくなるだけでなく会社での信用も落ち、居づらくなって自ら退職する人も少なくありません。

妻や子どもに不倫がバレていなかった場合、会社から解雇や左遷を受けて家族にバレてしまい、家族と仕事の両方を失ってしまうこともあるでしょう。

 

不倫相手と結婚しても浮気される可能性は高い

あまり不倫に免疫がない夫の場合、相手にのめり込んで離婚をすることもあります。

再婚した当初はラブラブでうまくいっていたとしても、数年も経つと他の男性と浮気してしまい、結局はまた離婚することになったというケースも少なくありません。

結婚しているのに不倫する人というのは、毎日の生活に何の不満もないのにスリルや刺激だけを求めて、浮気相手を探していることが多いようです。

不倫相手を妻から奪って結婚したとしても、結婚生活にすぐに飽きてしまい、再度スリルや刺激を求めるようになります。

離婚することで社会的信頼を失い、仕事の出世も見込めなくなるだけでなく、別れた妻に慰謝料や養育費を払いながら生きて行くことになると思うと、不倫して離婚することは相当にリスクが高いといえるでしょう。

 

Follow me!

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

高性能GPSレンタル

取り付けカンタン!簡単検索!どこにいるのかバッチリ!

パソコンやスマホでの操作はとても簡単ですので、無理なくご利用いただけます。

使い方は色々です。

・夫(妻)の浮気対策
・徘徊高齢者対策
・子ども・家族の見守り
・愛車・バイクの防犯対策