今さら聞けない?! 浮気や不倫の線引きってドコ?!

世の中の小説や映画では不倫がドラマティックに描かれていることが多いですよね。

でも、一言で不倫と言っても、一体どの一線を飛び越えたらそれは不倫と呼ばれる行為に当たるのか疑問に思う人もきっと多いはず。

そこで今日は、日本における法律上の不倫(不貞行為)についていろいろ調べてみました。

配偶者の有無は重要

料理を作る女性

この場合、籍が入った婚姻関係でなくとも同居の長い内縁関係であれば、配偶者がいるとみなされます。

反対に、たとえ婚約を交わしていても、交際期間が短く同居期間も無い場合は「配偶者のある者」とは認められないのだとか。

この、「配偶者」がいる状態で、異性と性的関係を結ぶことが不倫(不貞行為)と呼ばれる行為です。

自由な意思による性的関係の有無

シャワーを浴びた女性

たとえ相手に好意があったとしても、メールや電話、デートでキスをしたなどの行為だけでは法律上の不倫とはみなされません。

また、不倫した側が相手に脅されていたり、強姦による肉体関係だった場合も、不倫の定義には該当しません。

あくまでも、当人同士の自由な意思による性的行為が行われた場合のみ、不倫(不貞行為)であると認められるのです。

ちなみに、相手が同性(同性愛)だった場合は不倫としては該当しませんが、「婚姻を継続し難い重大な事由」とみなされるため、離婚したい理由として離婚裁判に持ち込むことが可能です。

体の関係がなければ浮気じゃない!?

指輪

パートナーのいる既婚者が異性と不貞関係を結べば、それは立派な不倫や浮気だといいきれるので分かりやすいですが、体の関係を持たずデートだけをしている、いわゆる気持ちだけでつながっている恋愛関係だとどうなのでしょうか。

お互いに恋愛感情はあっても家庭を壊してはいけないという思いから、食事をするだけの関係だけだと、不貞行為に該当するとはいえません。

一般的に不貞行為とは肉体関係を行うことを意味しますので、プラトニックな関係のままの二人に対して慰謝料請求を行うことはできません。

しかしいくらプラトニックでも、浮気相手の行動により精神的に損害を与えたとして、民放709条に定められている不法行為により、訴えられる可能性はあります。

たとえ肉体関係がなかったとしても、浮気相手のことが原因で別居や離婚をすることになった場合、不法行為に該当するケースもあります。

肉体関係ではないからといって堂々と食事に出かけたり、メールなどでやりとりをされることによって、浮気をされているパートナーの心労はたまっていきます。

肉体関係を持っているほうが隠そうと努力する分、まだマシだと思えるかもしれません。

プラトニックだからといって堂々とされるほうが、よほどタチが悪い浮気だといえるかもしれませんね。

この記事が役に立ったら いいね!をお願いします

プロフィール

リエ探偵
リエ探偵調査スタッフ

こんにちは!元依頼人のシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。お洒落カフェ巡り。

岩見沢エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。