「絶対に許さない」「本当に浮気してるのか?」あなた気持ちの解決策

 

妻の浮気、不倫

妻とは結婚をして3年。1歳になる子供がいる。

俺が働き、妻は専業主婦。そんな妻には男がいる。

もちろん俺以外の。そしてそんな妻の浮気相手の男にも妻がいる。

W不倫ってやつだ。

妻がその浮気相手の男と会う時は、まだ1歳の子供を実家に預けて会っているか、俺が単身赴任で家を空けているから、この家で会っている。

俺が寝ているこのベッドで、あいつはその相手と……。

気付いていないとでも思ってるのか。

はらわたが煮えくり返るこの事実。

妻の友達から全て聞いているんだ!

不倫をする場所を与えるために、この部屋を借りているわけじゃない。

不倫をする資金を与えるために俺は働いているわけでもない。

ふざけるな。絶対に許さない!

 

浮気や不倫という裏切りは絆を崩壊させる

知人にこういった方がいます。

この話の後どうしたのかは知らないのですが、こういった浮気、不倫を相手がしていたら本当に許せないですよね。

浮気や不倫(以下、まとめて浮気と書きます)とは、二人で少しずつ築いてきた絆や信頼関係を壊す、裏切り行為に他なりません。

そんなものは、奥様からでもご主人から見ても、また彼女からも彼氏から見ても、許しがたい行為です。

冒頭で書いた知人は、妻の不倫への激しい怒りから、妻や妻の浮気相手の男性に対して復讐をすることを考えていました。

愛し合い、永遠の愛を誓い合うことを決めた夫婦であっても、相手が浮気という裏切り行為をすれば、そのように相手への愛情が相手への憎しみや復讐心に変わってしまうのなのです。

この記事を読んでいる方の中にも、パートナーが浮気をしているから、それに対し慰謝料を取るなどの方法で、復讐をしたいと考えている方もいるでしょう。

あるいはそこまではいかずとも、浮気の疑惑があるからその有無、事実を知りたい、といった方もいることだと思います。

それらのあなたの願いや思いは、私たち探偵の力を借りると、解決できます。

 

なんで探偵のチカラを借りるの?

浮気をしているパートナーとは離婚をして、裏切った復讐で慰謝料などを取る。

そういった場合、浮気の証拠が必要になります。

それも言い逃れなどまったくできないほどの、浮気の確定的証拠です。

浮気の確定的証拠とは、パートナーとその浮気相手が肉体的関係を持っているとされる証拠のことです。

大抵の方にとっては、そういった証拠をつかむのは難しいことですよね。

 

  • 仕事をしているから時間がない。
  • 相手の動向を追うことが難しい。

などの要因がありますから。

 

ですから、そういったことをクリアし、かつ確実に証拠を揃えてくれる探偵に依頼することをおすすめしたいのです。

もちろん、浮気の疑惑を抱いている方にとっても、探偵に依頼をすれば浮気の有無を調べ、浮気をしているなら写真を含めた数々の証拠を集めてくれます。

 

探偵ですから、責任を持ってあなた目線で浮気調査を行います。

いかがでしょうか。

今回は、妻の不倫への激しい怒りから苦しんでいる方への気持ちの解決策をお届けしました。

調査期間中は不審な動向がないのか、常に監視していますので、もし浮気をしていれば、バレない浮気などないでしょう。

ですから、探偵に浮気調査を依頼するのが、そういったあなたの気持ちの解消への近道です。

探偵に依頼しようか?なんて考えもしなかったことでしょう。

不安なことや心配なこと、わからないこともたくさんあるはずです。

私は、あなたが依頼されるなら納得して依頼してほしいのです。

ですから、良いことばかりは言えませんが、お受けした以上、責任を持ってあなた目線で調査を行います。

では、また。

プロフィール

萬徳 聡
萬徳 聡代表

合同会社アイスターオフィス 代表社員。某大学教育学部卒業。11年間の自衛隊勤務を経て除隊。郵便局で窓口業務とイクメン生活を終えたのち、全国ネット大手探偵社にて、探偵として2年間の調査経験を積み、平成16年「総合調査事務所アイスターオフィス」として独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、行動確認調査や証拠収集を中心とした調査依頼を受け活動中。

座右の銘:変化なくして進化なし。
嗜好:「椎名林檎」「東京事変」「浜田マロン」のようなJazzyで昭和歌謡風の音楽。本革製品。甘い物。

GPSレンタル

取り付けカンタン!簡単検索!どこにいるのかバッチリ!

パソコンやスマホでの操作はとても簡単ですので、無理なくご利用いただけます。

使い方はいろいろです。

・夫(妻)の浮気対策
・徘徊高齢者対策
・子ども・家族の見守り
・愛車・バイクの防犯対策

※このような使い方で、個人のお客様に喜ばれています。