簡易型盗聴発見器を使用し調べてみて困ったこと。

 

引っ越ししたマンションやアパート。

やはり気になるのは盗聴器ではないでしょうか?

盗聴発見のテレビ番組を見ると不安になりませんか?

実際に探偵にも、盗聴器を仕掛けてもらえませんか?なんて言うご相談があったりします。もちろん、お断りいたします。

それだけ、本当の事を知りたいがために、盗聴器を仕掛けたいと思う人もいると言うことです。

では、今回は、ご自身で盗聴発見器で探索することをお考えの方にお話しします。

 

自分で盗聴器を探したらあちこちで反応した

ご相談を受ける前に、ホームセンターで購入された盗聴発見器を購入し、ご自身で探索してみる方もいらっしゃるようです。

簡易型盗聴発見器は、キーホルダー型の小さな機器で、無線式の盗聴器出る電波を感知しLED(光)やアラーム(音)で知らせるものです。

価格が安いので手軽に調べることができるのであれば、とても良いのかも知れません。

しかし、使用したごご依頼者様からこのような声を頂きます。

  • 反応しているようですが、こんなところに盗聴器ってあるのでしょうか?

  • 蛍光灯で反応したけど、無いんですけど。

  • あちこちで反応するので、どうしたらいいのでしょうか?

  • テレビ付近で反応しますけど、テレビに盗聴器って設置されることがありますか?

  • 通常、盗聴器はどこについているのでしょうか?

電波は、何も盗聴波だけとは限りません。

盗聴電波以外の電波も飛んでいますので、それにも反応しているようです。

 

不安をなくすために、やっぱりしっかりと調べた方が良い

簡易型盗聴発見器は、1,000円~10,000円位で販売されていて、手頃で購入できるものですから、あちこちに反応してしまうこともあると理解し使用する必要があります。

しかし、あちこちで反応していては、盗聴器があるのかもしれないと不安になってしまいます。

スッキリ安心できません。

反応しているけれども、多分、場所的に大丈夫だろうと確率の問題ではありません。

「ここは何の電波で反応してるのかな?」とひとつひとつ判断できなければ、盗聴電波かも?とやはり疑ってしまうものです。

 

色々な電波を受信し、盗聴電波か否か調べる

盗聴器がないと安心するために調べているのですから、当然ですが専門的な機材を使用し調べた方が納得できるはずです。

盗聴器探索調査をおこないますと、色々な電波を受信します。

幅広い周波数帯から電波をキャッチし、調査現場から出ている盗聴波か否かを調べます。

その電波が、調査現場から発信している盗聴波であるのか、スタッフがひとつひとつ丁寧に音声の確認をしながら作業を行います。

 

生活音を飛ばしている不安を解消。穏やかな生活のために

出入りが多い家や人間関係のトラブル。

生活環境が変わった方などで、盗聴のご心配がありましたら、ご相談下さい。

盗聴・盗撮探索の専門教育を受けたスタッフが調べます。

丁寧な確認調査を行いますので、調査時間は約2時間ほどいただくことになります。

ご都合の良い日時がありましたら、いくつかお知らせください。

盗聴されている不安を解消いたします。

 

[st-card id=5143]

プロフィール

萬徳 聡
萬徳 聡代表

合同会社アイスターオフィス 代表社員。某大学教育学部卒業。11年間の自衛隊勤務を経て除隊。郵便局で窓口業務とイクメン生活を終えたのち、全国ネット大手探偵社にて、探偵として2年間の調査経験を積み、平成16年「総合調査事務所アイスターオフィス」として独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市近郊の法人及び個人のお客様より、行動確認調査や証拠収集を中心とした調査依頼を受け活動中。

座右の銘:変化なくして進化なし。
嗜好:「椎名林檎」「東京事変」「浜田マロン」のようなJazzyで昭和歌謡風の音楽。本革製品。甘い物。