北海道千歳市・苫小牧市に拠点を置き活動する探偵事務所・興信所の調査サービスのご案内

北海道千歳市・苫小牧市の探偵事務所アイスターオフィス

代表的な盗聴器のタイプ

盗聴器には、色々な種類があります。現在、盗聴器としてよく使われるタイプは、無線式の盗聴器です。

無線式盗聴器の特徴は、「離れた場所から会話を盗み聞きできる」ことです。一度仕掛けてしまえば、電波の受信できる範囲内で安全に会話を盗聴することができます。

電池式盗聴器

室内の会話を盗聴するための小型のワイヤレスマイクの様なもので、盗聴器の中でも一番手に入れやすいものです。

集音能力が非常に高く、電波の届く距離は周波数、地形などによって異なりますが半径およそ100~200mになります。

電池は主に小型のアルカリ電池が使われ、一度の電池交換で一般的には5日くらいは盗聴電波を発し続けるものです。

AC100V式

一般家庭用の100V電源から電源を取り、盗聴電波を発し続けるタイプです。取り付ける場所としては、主に100Vの電源を使用する電気製品の内部、壁の中の100V配線部、コンセント差込口内部などに設置されています。

残留盗聴器

賃貸などの場合には、前の居住者に対して仕掛けられた物もあり、そのまま電波が発信続けられている状態になっているものもあります。

偽装式タイプ

電卓やペン、ぬいぐるみや電源タップ等に盗聴器を内蔵したものです。

電話用盗聴器

電話線に取付ける事によって、電話の会話を受信できる電話用盗聴器です。電源は電話機より直接供給されるので半永久的に盗聴電波を発し続けます。

 

ご安心してご相談いただけます。

ご相談時で知り得た連絡先を営業行為に利用することは一切ありません。

【例】契約するまでしつこく連絡をしてくる迷惑営業電話や、メールを送信し続ける迷惑営業行為など。

過剰に不安をあおり、強引に契約する営業行為も一切しておりません。

投稿日:

Copyright© 北海道千歳市・苫小牧市の探偵事務所アイスターオフィス , 2017 All Rights Reserved.