北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

【電話受付時間】09:00~22:00

秘密厳守・年中無休

メールフォームはこちら

犯罪

妻によるリベンジポルノは法的に問題はないのか

更新日:

 

近年、リベンジポルノによる被害が大幅に増加しているようです。

それは、別れ話で揉めたなどの男女問題のトラブルだけでなく、夫や妻によるパートナーの浮気相手に対して行う復讐としても多数報告されています。

特にダブル不倫の場合は相手の家庭にも同じ苦しみを味あわせたい。と言う強い思いがリベンジポルノに走らせる要因になっているとも言われています。

 

自分のパートナーやその浮気相手に対して、2人が裸で写った写真や動画をネット上にバラまくと言うことは、裏切られた側からすれば収まらない怒りを発散するための仕返しなのかもしれません。

しかし、コレは一歩間違えるとあなたが犯罪者として逮捕され、法的な責任を果たさなければならない可能性があることをきちんと理解する必要があります。

たとえ、不貞行為が事実であったとしても、リベンジポルノを決行することで名誉棄損・侮辱罪・恐喝罪・脅迫罪などの罪に問われることになります。

これらの刑が確定すると、懲役もしくは禁錮、罰金なども課せられますし、被害者(浮気相手)にも謝罪しなければならない可能性も出てきます。

本来であれば、浮気相手を訴えて慰謝料請求もできる立場ですから、感情に身を任せるあまり突発的な行動は慎んだ方が良いでしょう。

 

離婚を視野に入れた話し合いをする場合は、浮気の証拠をきちんと入手してからするようにすることが大切です。

その際、ラブホテルから出てきたツーショット写真などの動かぬ証拠があると、パートナーや浮気相手にも慰謝料請求がしやすくなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-犯罪
-, , ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.