北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

【電話受付時間】09:00~22:00

秘密厳守・年中無休

メールフォームはこちら

夫婦問題

最高の復讐とは、パートナーに不倫の代償を最大限支払わせることである

投稿日:

 

信じていたパートナーの裏切り行為によって離婚を決意する人は、決して少なくはありません。

ですが、いざ離婚裁判をするにあたりあなたの望む慰謝料を手に入れるには、パートナーの不貞行為を確実に立証しなければならないと言う大きな課題が待っています。

離婚を決意した今、これからの明るい未来の為にも、あなたは力強く前へ進んでいかなければならないのです。

 

慰謝料の請求や財産分与を優位にするために

パートナーの不貞行為が理由で離婚請求する場合は、浮気相手との不倫を立証することが必要不可欠になってきます。

裁判所では、憶測や虚偽による詐欺行為を防ぐ為、浮気の証拠が明確に認められないと離婚請求が棄却される場合もあるのです。

裁判で確実に勝利をつかみ慰謝料の交渉を有利に進ませる為にも、探偵事務所や興信所などプロの行う、浮気・不倫調査を依頼することを検討してみましょう。

 

婚姻破綻の因果関係も重要

離婚裁判を優位に運ぶには、婚姻破綻の原因がパートナーの不倫であるという因果関係を立証する必要が出てきます。

元々、夫婦関係が修復不可能な状態でパートナーが浮気相手と性的関係を持ったとしても、その不倫が夫婦破綻の原因であるとは認められません。

夫の不貞行為によって初めて家庭に不和が生じたと言う事実を、第三者にも伝わるように日頃から日記やメモなどを取っておくことをお勧めします。

 

高い慰謝料を請求できるのはどんな時か

慰謝料の金額は、一律で決まっているわけではありません。

例えば浮気や不倫の場合は100万から300万円、DVやモラハラの場合は50万から300万円が相場となります。

相手の行為によって精神的にどれだけ苦痛を受けたかが金額を左右します。

少しでも高い慰謝料を請求するには、押さえるべきポイントがあります。

まず婚姻期間が長いことが有利で、年齢が高め、更に相手の年収が高い方がベター。

さらに未成年の子供がいたり、相手の責任が大きければ尚高額に。

不倫関係やDV・モラハラの期間、別居期間、セックスレスの期間は長ければ長いほど高額請求が可能となります。

ただしそれをきちんと証明できなければ金額には反映されません。

口頭で伝えるだけ、感情で訴えるだけでは駄目なのです。

不倫の場合、夫の不倫相手からも慰謝料を請求できることがあります。

婚姻相手と不倫相手どちらからも高額慰謝料をもらう、ということは出来ませんが、覚えておくと良いでしょう。

 

条件によっては慰謝料が低くなってしまう

夫に不倫の代償を最大限に支払わせたい、と思っていても、それができないこともあります。

高額請求しても経済力が無ければ支払うことができませんし、財産分与を多めに分配されたのであれば慰謝料は低くなる傾向です。

また自身にも非があるのなら、高額請求をすることは出来ないはずです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-夫婦問題
-, , ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.