「親しき仲にも礼儀あり!」夫婦げんかを長引かせないための法則とは

 

夫婦げんかは犬も食わないとは言うものの、当人同士にとっては案外深刻なもの。

特にお互い意地っ張りな性格だと、何日も何週間も冷戦状態が続いてしまい、それが離婚の近道になってしまう場合もありますよね。

そこで今日は、夫婦げんかを長引かせないためのコツをいくつかご紹介していきます。

 

メールか手紙で気持ちを伝える

誰しもけんかをしている最中に冷静な判断はできません。

いちいち言葉尻をとらえた口論をしていても、水掛け論になるのが関の山と言った所でしょうか。

そんな時は、いったん話し合いをストップさせて、パートナーと距離をとるのがおすすめです。

そして冷静に自己分析をして、自分に非がある場合はその旨をメールか手紙で伝えてみてはどうでしょう。

パートナー自身も、活字からあなたの気持ちを知ることで、客観的に物事を捉えることができますよ。

 

時間を空けすぎない

夫婦げんかは距離を取った方が良いと言われる一方で、仲直りまで時間が長引けば長引くほど返って悪化させる恐れもでてきます。

自分から折れるのは納得がいかなかったり、話しかけたくても気まずさが仇となりできなかったりすると、夫婦の溝はどんどん開いていくばかりで決して良いことはありません。

大切なのは、けんかの直後は距離を取るように心がけ、そのあとはタイミングを見計らいながら少しずつコンタクトを取っていくことです。

「早まらず、空けすぎず」が夫婦げんかの修復にとって最短の近道であるのかもしれませんね。

 

プロフィール

リエ
リエ調査スタッフ

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

現場経験が豊富な探偵が親身になってお応えします!

▼▼▼無料相談・秘密厳守 ▼▼▼

「ホームページを見ました。○○についてもっと詳しく知りたいのですが。。」

「ホームページを見ました。○月○日〇時に面談予約をお願いしたいのですが。。」

調査依頼に関する疑問・質問、調査料金の概算のお見積りなど。

調査に関するご不明な点などについてご質問される方が多いです。

サイトでは公表できないこともありますので、もっと詳しく知りたい方は、ご相談下さい。