北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

無料相談ダイヤル

秘密厳守・年中無休

夫婦問題

産後離婚の引き金になる産後クライシスとは

投稿日:

 

シングルマザーの貧困家庭が多くのニュースで取りざたされている中、産後すぐにでも離婚をしたいと考える女性が増加傾向にあることが分かってきました。

本来であれば、妊娠中は幸せな結婚生活を噛みしめる時間であっても良いはずなのに、どうして女性は産後すぐに離婚を考えるまでの悩みを持ってしまうのでしょうか。

産後クライシスに注目

産後クライシスとは、産後急速に夫婦間の愛情が冷え込む状態を指した言葉であり、これにより離婚に至る夫婦は年々増えていると言われています。

そもそも、女性の身体は妊娠から出産にかけてホルモンバランスにめまぐるしい変化が起こりますが、こうしたホルモンの乱れは自律神経にも大きな影響を及ぼすため、この時期の女性は笑ったり喜んだり泣いたり怒ったりするなど、感情の起伏が激しくなることが分かっています。

特に産後は、妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが一気に減るため、セロトニンなどの脳内神経物質の働きが悪くなります。

セロトニンは、精神を安定させてくれる働きのある安らぎホルモンと呼ばれており、この働きが悪くなるとイライラや落ち込みが増えて、涙もろくなったり倦怠感が出るなど産後うつ特有の症状が出始めます。

そんな時、パートナーである夫が、家庭に対して無自覚で家事や育児に協力的ではなかったり、浮気や不倫を疑うような軽率な行動をした場合、妻としては夫への感情が冷めてしまい、結婚そのものにも嫌気がさしてしまうことがあるのです。

ですがそうは言っても、シングルマザーとして仕事や育児を全て一人で担うのは、相当な負担やストレスがかかってきます。

産後は徐々に女性ホルモンのバランスも正常に戻ってきますので、別居や離婚など大きな決断を下す場合は精神的に安定してから判断することを強くおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-夫婦問題
-, ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.