北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

無料相談ダイヤル

秘密厳守・年中無休

育児・子育て

元夫からの養育費だけで子供を育てていけるのか?

投稿日:

 

何かと世間では養育費が安いと言われているようですが、実際の養育費の相場とは一体いくら程度なのでしょうか。

そこで今日は、シングルマザーが元夫からもらえる養育費の平均金額について調べてみました。

養育費だけでは、まかなえない現実

養育費とは、夫婦が離婚した場合など、子供と一緒に暮らして育てている側の親が、他方の親に請求できる費用のことを言います。

親は子供に対して「生活保持の義務」があるため、親権の有無や性別などは関係なく、資力に応じて養育費を支払う義務があります。

また、養育費とは金銭面だけでなく子供の成長に必要な監護養育の需要を満たす必要もあるため、特別な場合を除いて一括で支払うことは認められず、継続的に支払うべきだとの認識が一般的です。

気になる養育費の相場はと言うと、シングルマザーが子供を1人を育てる場合1カ月あたり2万から4万円が1番多く、全体の7割近くが4万円以下であると言われています。

では、子供が2人になった場合は単純に2倍の金額になるかと言うと決してそうではなく、人数が1人増えても月々の養育費が2万から4万のケースが全体の3割と一番多く、仕事と育児の両立に追われるシングルマザーの貧困が深刻化するケースも大変多い状況なのです。

また、離婚の話し合いの際に養育費の取り決めを交わしても、継続的に受け取れる家庭は全体の2割にも満たないことが報告されています。

これには、離婚の話し合いの延長で口約束による養育費を決めた場合が原因となっていることが多く、こういった不履行解決するためには、離婚公正証書の作成が必要不可欠だと言われています。

離婚公正証書は、法の仕事に携わってきた公証人が作成する証書となるため、養育費が不払いの際は強制回収ができる力があります。

養育費が不払いであったり延滞された場合は、元夫の給料や預貯金などの財産を差し押さえて回収する権利も得られます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-育児・子育て
-, ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.