北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

【電話受付時間】09:00~22:00

秘密厳守・年中無休

メールフォームはこちら

育児・子育て

夫婦仲の悪い家庭で育った子供に多い症状とは

投稿日:

 

近年、子供のうつが増加している中、特に中学生のうつ病発症が目を引く多さだと言われています。

中学生のうつは、不登校であったり登校しても保健室へ直行するケースや、摂食障害や不安障害に強迫性障害など、さまざまな精神的障害が併発して発症することが多く、この原因の一つに家庭における「夫婦仲の悪さ」が挙げられています。

これは、10代前半の脳がまだ成長過程にあり、ストレスに対しても脆弱であるだけではなく悩みを想像以上に大きなものとして捉えることが大きく影響していると言われています。

家庭内別居や夫婦喧嘩の多い家庭で育った子供は、そのストレスを自分の中に溜めこんでしまう傾向にあるからだと考えられています。

このような環境下の子供は、自分が良い子でいなければとならないと思う反面、そのストレスはどんどん蓄積されます。

それが爆発すると自分の殻に閉じこもるなどのうつ病を発症したり、学校でクラスメイトを傷つけたり家庭内でも暴言や暴力などの問題行動が現れることも決して少なくはありません。

それほど、夫婦または家族間における仲の良し悪しは、子供の性格形成や将来の人間関係の構築においても重要なポイントになります。

これを見逃すことで生じるデメリットは子供の交友関係を途絶えさせるだけでなく、子供の未来をもつぶしてしまう恐れもあるのです。

子供が精神的に不安定になっていると感じた時は、大なり小なり何らかのサインが出ていることが多いものです。

親としてはまず改善すべき点を見直すなどのアクションを起こすことが大変重要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-育児・子育て
-, ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.