北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

【電話受付時間】09:00~22:00

秘密厳守・年中無休

メールフォームはこちら

ライフ・人生

産まない選択をする30代女性が増えているらしい。

投稿日:

 

卵子の劣化が囁かれる昨今、30代に突入した女性の「産まない」選択が注目されています。

仕事を取るか、家庭や育児を取るかで悩む30代女性の揺らぐ気持ちとは。

30代女性が感じるプレッシャー

女性なら誰しも一度は「私って子供を産むのかな」と考えたことがあるのではないでしょうか。

女性の人生において、子供を産むか産まないかは大きな問題であり、特に30代は精神的だけでなく肉体的にも出産に対してリアルに考えなければならない年代です。

加齢による卵子の劣化は、30代半ばから一気に速度を増してきますし、それに合わせて妊娠する可能性も大幅に減少していきます。

そういった現実の中、少子化を懸念する世間の声や「女性は子どもを産むべき」と考える人も多く、それを重圧に感じる女性も大変多いと言われています。

子供を産まない選択は、決して不幸な選択ではない

出産に踏み切れないアラサー女性の多くは、「仕事と育児の両立ができるか不安」「自分の今の生活を壊したくない」と感じているようです。

また、経済的な理由や育児を助けてくれる環境が近くに無いことも、出産に積極的になれない理由なのだとか。

確かに、30代と言う年代は「何かを捨てて何かを得る」と言った2択を迫られることが多いものです。

ですが、年齢的な焦りから答えを急いだあまり、過度のプレッシャーやストレスを抱えながら子育てをすることは、良い結果に結びつかない場合もあります。

「子供がいる=幸せ」の定義は一度取り去って、10年後や20年後の自分が幸せになれるであろう人生の選択をしてみることが大切なのかも知れません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-ライフ・人生
-, ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.