北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

無料相談ダイヤル

秘密厳守・年中無休

夫婦問題

無計画の別居は不利な立場になる恐れあり!離婚に向けた別居をする前に準備しておきたいもの

投稿日:

 

夫の度重なる浮気で、別居を考えている女性は決して少なくはありません。

ですが、計画なしの別居は、後の離婚裁判で不利な立場に追いやられる恐れがあることをご存知でしょうか。

今日はそんな離婚裁判でも勝てる別居のやり方について、調べてみました。

客観的な浮気の証拠が必要

離婚を前提とした別居をする上で大切なのは、正当な理由です。

夫婦は法律で同居が義務付けられており、互いに協力し合える人間関係でなければなりません。

ですので、同居ができなくなった原因が夫の不貞行為である場合は、ある程度の証拠が必要となってきます。

それには交際相手とのラブメールや、ツーショット写真などの浮気の証拠があると大変有利です。

証拠集めが難しい場合は、探偵に浮気調査を依頼することも視野にいれていきましょう。

後の離婚裁判でも提出できるので、慰謝料を請求する際は大いに役立ちます。

別居合意書の作成

別居合意書を作成しなくても、別居はできます。

しかし、勝手に出て行ってしまうと、同居義務違反となります。

そうならないためには、別居の合意をしておくことがよいでしょう。

「夫が不倫していることは間違いないのに、浮気の証拠が出てこない」

「探偵事務所に素行調査を依頼したいけど、今はお金に余裕が無い」

そんな時は、別居合意書を作成しておくことをご提案します。

これは、勝手に家を出ていく別居とは違い、夫との合意の上別居に至ったと証明する書類です。

その際、別居中の生活費や子供にかかる学費などの取り決めを記した公正証書を作ることも可能ですので、できる準備は徹底的にしておくことをおすすめします。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-夫婦問題
-, , ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.