「迷子ペットを探しています!」もし、大切なペットがいなくなったら・・・

 

探偵事務所によっては、人間だけを対象に仕事をするわけではありません。

大切な家族の一員であるペットがいなくなったときにも、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、弊社では「ペット探し調査」はお受けしておりませんが、稀にペット探しのご相談がありますので、上手な依頼の仕方についてまとめてみました。

 

ペット探しの依頼が増加中

近年探偵や興信所にペット探しの依頼が増えていると言われています。

ペット探しは全ての探偵事務所などで請け負っているわけではありませんが、その案件数の多さから重点的にペット探しに力を入れる事務所も出てきました。

ペット探しの依頼にはもちろんそれなりの料金が発生します。

状況により費用は異なりますが、例えば探偵で依頼の多い浮気調査などと比べても大きく差はありません。

調査範囲が広く日数がかかるようであれば費用はその分かかります。

費用が気になるのであれば、まず見積もりを依頼すると良いでしょう。

 

出来るだけ早めに依頼すること!

ペット探しの成功率を左右するのは、ペットがいなくなってから依頼するまでの時間が大きく関わっています。

いなくなってすぐに調査を開始すればそれだけペットが移動できる範囲も限定されますし、調査がしやすくなります。

また行政機関に捕獲された場合、殺処分という可能性も出てきます。

事故などで怪我を負い治療を受けているかもしれません。

探偵はあらゆる可能性を考え、近隣の施設や機関も含めて捜索しますが、それは時間との闘いであるとも考えておいてください。

ペットは「助けて」と言葉で周りに伝えることができません。

ペットが家に帰りたいと切に願っていても、帰る方法が分からなくなっていることもあります。

あなたのペットを助けるためにも、出来る限り早く探偵に相談することをお勧めします。

 

特徴を細かく伝える

同じように見えるペットでも、それぞれに細かい特徴があります。

たとえば、右の耳だけ黒いとか、体の模様の出方がユニークであるなど、どんなことでも良いので、できるだけ細かく探偵に伝えましょう。

また、写真や動画があればぜひ見てもらってください。

探偵事務所によっては、飼い主から聞き出した情報を元に、ポスターを作ってくれるところもあります。

心当たりのある地域に貼り出せば目撃者が現れる可能性は大いにあるので、見つけてくれた方へのお礼も明記して制作してみましょう。

 

いなくなったときの状況を正直に話す

ペットがいなくなると、責められることを恐れて本当のことを隠してしまう飼い主がいます。

しかし、どのような形でいなくなったかはペットを探す上でとても重要な情報です。

単に家出しただけなら近所をウロウロしていたり、散歩コースの途中にあるお宅に迷い込んで一時的に預かっていただいていたりすることもありますが、盗まれたとなると話は別です。

捜索範囲を広げることはもちろん、場合によっては警察に届けることも必要になるので、できるだけ正直に話すようにしてください。

また、いなくなってしまった瞬間を目撃していたのなら、ペットや車が走り去った方角も伝えましょう。重要な手がかりです。

大切なペットがいなくなると「無事なのかしら」「ごはんはちゃんと食べているの?」「危険な目にあっていない?」と心配で夜も眠れないことと思います。

ペットのほうも、大好きな飼い主に会いたくて心細い思いをしています。

1日も早く見つけてあげられるよう、全力を尽くしましょう。

プロフィール

リエ
リエ調査スタッフ

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!


趣味:美味しいものを食べに行くこと。

現場経験が豊富な探偵が親身になってお応えします!

▼▼▼無料相談・秘密厳守 ▼▼▼

「ホームページを見ました。○○についてもっと詳しく知りたいのですが。。」

「ホームページを見ました。○月○日〇時に面談予約をお願いしたいのですが。。」

調査依頼に関する疑問・質問、調査料金の概算のお見積りなど。

調査に関するご不明な点などについてご質問される方が多いです。

サイトでは公表できないこともありますので、もっと詳しく知りたい方は、ご相談下さい。