北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

【電話受付時間】09:00~22:00

秘密厳守・年中無休

メールフォームはこちら

夫婦問題 育児・子育て

夫に親権を渡したくない!親権者を決める基準って?

更新日:

離婚の際、両親が共に子どもの親権を主張し譲らないケースが多々あります。

「育児を頑張ってきたのは母親である私。夫には絶対に親権を渡したくない」そう思う人も多いでしょう。

そもそも親権者の決める判断基準はご存知でしょうか。

基本的には母親が有利

子どもの年齢によっても若干異なりますが、基本的には子供と過ごす時間の多い母親が有利になります。

子どもが10歳以下ならば母親が養育する方が望ましいと考えられ、特に乳幼児は母親をより必要とします。

実家など援助が受けられ、子どもとより長く接することができればなお良いでしょう。逆に、母親側に情緒不安定な要素があったり、アルコール中毒や薬物中毒、健康に大きな問題があれば不利になります。

また育児放棄は言語道断。夫側であっても妻側であっても、子どもが問題なく健康で元気に成長できる方に親権があった方が、子どもにとって幸せだということを念頭に置くことが大切です。

親権者を決める基準に母親の収入は含まれていませんが、今後シングルマザーとして生活することを考えると、経済面のことを考える必要もあります。

離婚後の生活の基盤ができていれば、子どもとの暮らしも安心できるでしょう。

親権を得られないと子どもと会える機会はぐっと減ってしまいます。親権を勝ち取るためには日頃の子どもとの信頼関係と、事前の情報収集が大きなポイントになりますよ!

 

お互いに親権を主張するなら家庭裁判所の調停

子どもの親権者は、本来離婚する夫婦の話し合いによって円満に決められればそれが一番です。

しかし父も母も親権を主張するなら、家庭裁判所の調停によってどちらかを決めることになります。

もし離婚に関して双方の主張が異なるのであれば親権を含めた離婚調停を、離婚することはお互いに合意していて親権のみ話がまとまっていないのであれば、親権者指定の調停申し立てをします。

一度決定した親権者を変更したいのであれば、親権者変更の調停も可能です。

調停ではお互いの意見を聞きながら第三者を交え話し合いを進めていきますが、それでも決まらない場合は審判手続きとして、どちらが親権者として適しているのかを裁判官が判断します。

ここでは親の状況や仕事などの経済面、家庭環境、子どもへの愛情、子どもと親の関係性、そして現在子どもはどちらと一緒に暮らしているかなどが総合的に調査されます。

今まで担当した調停委員からも話を聞くことになりますので、調停での態度や対応もとても大切です。

相手に親として落ち度がある場合は、相手方が親権者として適切ではない旨を証明できれば親権を勝ち取ることができます。

子どもを思う親の気持ちをしっかりとアピールするには感情だけでは乗り切れない部分もあります。

専門家に相談をしながら進めると良いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-夫婦問題, 育児・子育て
-, , , ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.