北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス

恋愛・夫婦問題、職場・人間関係、ライフスタイルのお悩み、問題解決に必要な事実確認、判明・証拠収集などの調査のご案内

 0120-083-856

無料相談ダイヤル

秘密厳守・年中無休

夫婦問題

夫の小遣いアップを円満に止めさせる方法

更新日:

 

家計を任された妻にとって、適正な夫の小遣い額を決めることは大変重要な使命とも言えます。

妻が「もう少し減額したら貯金できるのに」と考える一方で、夫は給料を全て預けているからこそ「もっと多くもらいたい」と考えるのは当然です。

そんな時は夫婦がもめないように予め規約を設けておくと良いのかも知れませんね。

そこで今日は、節約を意識した家庭が、夫の小遣いの金額を決める時に気を付けたいポイントをご紹介いたします。

 

どこまでが小遣いなのか話し合う

基本的に、夫の小遣いは手取り額の一割程度が目安だと言われています。

ですが、夫が営業職などで外でランチを食べる必要があったり、仕事の延長上に飲みの席があった場合は、その全てを手取りの一割から賄うのは難しいかもしれません。

そこで、仕事に関連した出費は「キャリアアップのための必要経費」として、小遣いとは別に支給することをおすすめします。

こちらも譲歩することで、提示した金額設定に夫が納得するように導いていくことも大切です。

 

毎月の貯金額を夫婦で決める

当然ですが、夫婦に子供が多ければ多いほど、食費や学費の出費は大きくなります。

もちろん、子供がいない夫婦にとっても、どちらかが亡くなったり病気に備えた貯金や、老後の蓄えも必要となってきます。

まずは、毎月どれだけの積み立てが必要なのか2人でじっくり話し合い、そこから夫の小遣い額の設定をしてみてはいかがでしょうか。

将来を見据えた計画を立てることで、夫側も無理な金額を要求しないようにすることも、一つのテクニックなのかも知れませんね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リエ探偵

リエ探偵

こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザーの探偵です♪いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

趣味:美味しいものを食べに行くこと。

-夫婦問題
-, ,

Copyright© 北海道 千歳・苫小牧の探偵 アイスターオフィス , 2018 All Rights Reserved.